r
ドイツサッカー連盟(DFB)は16日、今月の国際親善試合に臨むドイツ代表メンバー26名を発表した。  メンバーにはレアル・マドリードのトニ・クロースやアーセナルのメスト・エジルらが順当に選出。監督交代後6戦無敗のシュトゥットガルトからマリオ・ゴメスが半年ぶりに選ばれた。以下略(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。




・最近のドルトムントのパフォーマンスを見ると、当然だと思う。


・素晴らしい。
代表での中断は、災いだ。
ロイス、ゲッツェなどの選手にふりかからなくて良かった。


・ドルトムントには間違いなく理論上はドイツ代表入り出来る選手たちがいるけど、正当化するのは難しい。


・↑アウグスブルクにも勝てない選手たちでW杯を制覇することを想像してみてくれ。


・このメンバーに驚きはないようだな。


・↑マルコ・ロイスがいない。


・↑彼が意味のない親善試合でプレーしないことを私は嬉しく思う。


・ロイス以外は驚きはないな。
昨日、彼は途中交代してしまったからな。






・ドルトムントの選手が一人も選ばれていないことを喜ぶべきだろうか?
それとも怒るべきだろうか?


・↑本当の意味で代表から落ちたのはロイスだけだ。
昨晩の彼の交代に繋がった筋肉の問題は、予想よりも悪いような気がする。
ロイスが負傷交代、W杯出場に暗雲か?(海外の反応)


・↑親善試合だからな。
ワールドカップ前にロイスにリスクをとらせたくないのだろう。


・↑私もそう思う。
まだ親善試合は残っているし、W杯前の合宿もある。
もしかしたら、グループステージまでロイスを見ることがないかもしれない。


・本当に選手層の厚いチームだな。
ブラジルとフランスと並んで優勝候補だと思う。


・中盤の層は信じられないな。

https://goo.gl/r1SqyG
follow us in feedly