we
ピッチ上で戦うフットボーラーは、その均整の取れた身体もあってファッションのアイコンとなることが多々ある。  現代サッカーでもFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)やFWネイマール(パリ・サンジェルマン)がそのような存在だが、かつて“フェノーメノ”(怪物)と言われた元ブラジル代表FWロナウドが、2002年日韓ワールドカップ(W杯)の際に衝撃を起こした“あの髪型”について、意外な真相を明かしている。以下略(Football ZONE web編集部)

海外の反応をまとめました。



ロナウド「誰もが僕の足の負傷について語っていた。だから僕は髪を切って、話題を作った。みんなが僕の髪に集中してくれたおかげで、僕はリラックスできた。あの髪型を誇らしく思っていないよ。だって変な見た目だったからね。でも話題を変えるには良い方法だったと思う。」

・事実だとしたら、天才だ。


・なるほどな。 どうりでポグバはいつも髪型を変えているわけだ。 超サイヤ人ブルー?ポグバの新しい髪型(海外の反応)


・コロンビアでは多くの子どもたちがあの髪型を真似た。


・当時のクラスメートがこの髪型をしていた。


・息子が彼だと認識できるようにやったと聞いたけど。
息子は彼とロベルト・カルロスを混同していた。


・待ってくれ。
じゃあ、息子が試合で彼を簡単に見つけるためだったというのは誤りなの?


・2002年W杯の時、私は10歳だった。
あの髪型をしたがったよ。






・事実だとしたら、正しい行動だったと思う。
間違いなく上手く行った。
あれにはびっくりした。


・↑彼があの髪型にした理由が分かった。
次の未解明の謎はジョー・コールの髪型だ。


・↑一体何だこれは?
e


・↑どうして泥酔してバーから出てきたように見えるのだろう?


・↑たぶんウエストハムのユニフォームのせいだ。


・彼はあの酷い髪形の言い訳を考えるのに16年費やした。


・本当に醜い髪型だったが、彼は史上最高の選手だ。



https://goo.gl/gT3vRW
日本が日韓W杯招致で150万ドルの謝礼金、スペイン紙が報道(海外の反応)
follow us in feedly