ff
 今年1月にドルトムントからアーセナルに移籍したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは現地時間1日のリーグ第32節ストーク戦(3-0)で2ゴールを奪い、新天地で早くもクラブ史に自らの名を刻んだ。以下略Football ZONE web

海外の反応をまとめました。



・彼はマンC戦であのPKを決めていたら...。


・オーバメヤンは素晴らしいが、アーセナルでの初ゴールはオフサイドだった。
それに今日の1点目は絶対にPKではない。


・今日のPKをもう一本決めて、マンC戦でのPKを決めていたら、もっとゴール数は多かった。
この男は本物のゴールマシーンだ。


・↑中盤が安定していたらなぁ。


・ラカゼットにPKを蹴らせた。
6点中6点でもおかしくなかった。


・たとえ試合にいないように見えても、1,2 点決めてしまう。
あの男は脅威だ。


・彼は本物のワールドクラスだ。
いまのところ、私の期待を越えているよ。





・彼は明らかにゴールハンターだ。
前半は沈黙しても、我々がチャンスを作れば決めてくれる。


・↑君はセンターフォワードの役割について語っている。


・半分がPKだろ?
退屈なスタッツだな。


・↑PKは1点だけだったろ。


・自分を証明するんだ、オーバメヤン。


・良いスタートだ。
あと何点か取れていたはずだ。
決定機をいくつか逃した。


・来季、我々は本当のオーバメヤンを目にすることになる。


・来季は30点以上取る。


https://goo.gl/ACwd4U,https://goo.gl/4TBfFE
follow us in feedly