fd
前略「もともと僕はあまり自分から話しかけるタイプじゃないし、モウリーニョは話したい選手とは話す、といった感じの監督だった。でも僕は、思い切って話をしに行ったんだ。1度目は(オファーがあった)ドルトムントに行かせてほしいとお願いをしに。2回目は、クラブを出たい、僕はフットボールがしたいと意思を伝えにね。結局彼と話したのは、その2回きりだったな」以下略(サッカーダイジェストweb)
海外の反応をまとめました。




・これはすべてモウリーニョの責任だ。


・事実が明らかになったか。
これが彼が移籍した真の理由だ。


・モウリーニョは先発イレブンと数人の控え選手としか仕事をしないと公言している。
他の選手たちは注意を惹くために練習で結果を残すしかないと述べている。


・モウリーニョには若手選手を指導する時間はない。
監督としての弱点の1つだと思う。


・チェルシーから流出したタレントの多さには驚かされる。


・↑彼らが他チームを切り裂く様子を見ると胸が痛くなるよ。


・彼は本当にチェルシーでプレーしたかった。


・我が家に戻ってきて、チェルシーを救ってくれ。


・モウリーニョのサッカーはいつも退屈だし、機械的だ。
カペッロ同様にイングランドに来た時に既にピークを過ぎていたのかもしれない。
でも彼は多くのトロフィーを獲得してきた。
彼のことは称賛するべきだ。






・アハハ、ドルトムントか。


・彼がチームにいたら、ブンデスリーガを再び制覇することが出来ただろう。


・↑ドルトムントは小さなクラブだ。
だからワールドクラスの選手を獲得出来ない。


・↑あの時のデ・ブライネも大物ではなかった。
だが、彼はたったの1シーズンでヴォルフスブルクを素晴らしいチームにした。


・モウリーニョは良い監督ではない。
君は正しい選択をした。


・我々バルサにはデ・ブライネが必要だ。


・モウリーニョはデ・ブライネの能力と精神力を甘く見ていた。
オスカルには能力と精神力が欠けていた。


https://goo.gl/hZCyC9,https://goo.gl/9bWXwp,https://goo.gl/qpqRPo,https://goo.gl/UA2GnA
デ・ブルイネ「ドルトムントへの移籍でクロップと合意していた」(海外の反応)
follow us in feedly