t
【フライブルク(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグは28日、各地で行われ、大迫勇也が所属する最下位のケルンはアウェーでフライブルクに2―3で敗れ、2試合を残して17位以下が確定し、2部降格が決まった。大迫は0―2の後半34分までプレーした。以下略(共同)

海外の反応をまとめました。



・今季の彼らはどうしてしまったんだ?
不運にも怪我人が多かっただけか?


・来季以降、彼らが昇格出来ることを祈る。
ケルンにとっては、とても奇妙なシーズンになった。


・↑一年で5位から最下位へ。
悲しいけど、驚く。


・↑今までにヨーロッパの大会に出ていなかったチームが、突然余計な重圧に対処しないといけなくなると、時々こういうことが起きる。
フライブルクにも同じことが起きた。


・さようなら。
君たちを恋しく思うことはないだろう。


・コジエッロは来季もケルンに残るか分かる?


・↑降格してもチームに残ると言っていたよ。


・へクターは残るのか?


・↑うん。
彼は一週間前に契約を延長した。
ホルンもだ。






・この様子だと、ハンブルガーは残留するかも。


・次はハンブルガーで頼む。


・残念だ。彼らは良いチームなのに。


・彼らには忠誠心のある良い選手たちがいる。
彼らはすぐに戻って来るさ。


・今晩、ケルンに行く。
街は憂鬱な雰囲気になるだろうか?


・お前らのことは嫌いだが、お前らとの試合は恋しくなる。(レヴァークーゼンファン)


・ポドルスキは胸が張り裂ける思いをしている。


・強くなって戻って来いよ。


https://goo.gl/hNUjEj
follow us in feedly