a
ドルトムントのトルコ代表MFヌリ・シャヒンが文武両道ぶりを発揮している。米の名門ハーバード大の経営する大学院「ハーバード・ビジネス・スクール」に入学したことが明らかになった。ブンデスリーガ公式サイトが報じている。以下略(フットボールゾーンウェブ)

海外の反応をまとめました。



・引退後のロイス、シャヒン、ピシュチェクは、クラブにとって良い補強になると思う。


・え?それって難しいことなの?


・感心するね。


・↑自分で金を払ったからそこにいるだけだ。
適切な学位でもない。


・彼は自分で金を払っただけだ。
金があったら、君でも出来るよ。


・わあ!金持ちの男が受講の許可を受けたのか?


・エセ学位だよ。


・金があると素晴らしいことが出来る。
ハーバードのことも買えよ。


・↑明らかに君はハーバードについて知らない。






・彼が勉強を続けることは良いことだけど、これは適切な学位を取得できるコースではない。
ハーバードや著名な大学は、金持ちで有名な人たちの為に短いオーダーメイドのコースを作った。


・↑ポドルスキも言語学のコースをとっていた。


・↑レヴァンドフスキもね。
彼は自分に関する論文を書いていたよ。


・普通のサッカー選手ではハーバードに入れないだろうね。


・サッカー選手が馬鹿という主張には馴染みがない。
サッカー選手は、真逆だと思っていた。

https://goo.gl/5mqRz6,https://goo.gl/NLPFYb
follow us in feedly