tt
ウェスト・ハムのデヴィッド・モイーズ監督が退任することが分かった。 11月に不振に陥るスラヴェン・ビリッチ監督の後任としてウェスト・ハム指揮官に就任したモイーズ監督だが、シーズン終了までの契約を延長することなく、退任することが決まった。また、同指揮官に加え、3名のアシスタントコーチも同時にクラブから離れる。以下略(goal.com)
海外の反応をまとめました。





・彼とマンUとの契約がまだ1年残っていることを考えるとなぁ。


・↑4回クビになっているのに、我々はいまだに彼に給与を支払っている....。(マンUファン)


・↑いいや、違うぞ。
1年分の賠償金しか払っていない。


・今回、モイーズはクビになったわけではない。
サンダーランドでもね。


・↑正確には、我々は彼をクビに出来るほどの資金的余裕がなかった。(サンダーランドファン)


・時代の終わりの終わり。


・プレミアで我々がモイーズを見るのはこれが最後なのだろうか?


・↑それはないな。
どこかのクラブがトラブルに陥ったら、11月くらいには彼は戻ってくるだろう。


・正直、来季のモイーズはウェストハムで良い仕事をすると思っていた。
クラブにピッタリだから。





・現在のウェストハムの状態を考えると、監督を引き受ける人間は勇敢だよ。


・もしもアーセナルがパニックになって、この道化を獲得したら、私は激怒するだろう。


・モイーズがエバートンに復帰か?


・彼がエバートンに復帰し、アラダイスがウェストハムに行く。


・↑ウェストハムのファンは、アラダイスに戻って来てほしいと思わないだろう。
でもモイーズのエバートン復帰はあると思う。


・プレミアのチームの半数が監督を代えている。


・モイーズがエバートンに復帰して、また同じことを繰り返す。
モウリーニョがマンUを去って、マンUがモイーズと6年契約を結ぶのが待ち遠しい。


https://goo.gl/kU9AUE,https://goo.gl/Trw9pu

follow us in feedly