fe
【6月30日 AFP】サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)のグループH最終戦で、日本代表がフェアプレーポイントの差でセネガル代表を抑えてベスト16入りを果たし、物議を醸していることについて、国際サッカー連盟(FIFA)は29日、システムの変更は考えていないと強調した。  西野朗(Akira Nishino)監督が率いる日本は、グループリーグ計3試合でセネガルよりもイエローカードが2枚少なかったため、ベルギーとの決勝トーナメント1回戦に駒を進めた。日本とセネガルは勝ち点4で並び、得失点差と総得点数でも同数となったが、警告数の少なかった日本がグループHの2位で突破を決めた。以下略
海外の反応をまとめました。




・FIFAは本当に腐っているな。


・これは馬鹿馬鹿しい。
FIFAはアフリカのチームを欺くことしか考えていない。


・どうしてプレーオフを行わない?


・PK戦を行えよ。


・FIFAランキングを使って決めよう。
公平だろ。


・ドッチボールで決めるのはどうだろう?


・酷い勝ち抜け方だ。


・アフリカのチームを敗退させるために、トイレで話し合って決めたんだろう。


・大会前からこのルールは存在したし、皆がそれを知っていた。


・検証しようよ。
だってみんなが不満を述べている。





・検証しても何も変わらないだろう。


・それでもコイントスよりはマシだろ。


・引き分けを無くせよ。
勝者を決めろ。
PK戦か延長戦を行え。


・セネガルは引き分けに頼るのではなく、勝ちに行くべきだったよ。


・フェアプレーポイントは良いアイデアだよ。
暴力的な試合を防げる。


・VARのせいでセネガルが。


・セネガルが敗退するのは悲しいよ。
彼らは良いチームだった。
しかしながら、日本が相手に柔道の投げ技をかけ続けて、何のお咎めを受けない様子を見るのを楽しみにしているよ。


・FIFAは正しい。
サッカーはクリーンであるべきだ。
選手たちはピッチ上での自分たちの行為に気をつけるべきだ。


https://goo.gl/M4GFqv,https://goo.gl/Wxbiya

follow us in feedly