edf
30日の練習後、西野監督は決勝トーナメント1回戦のベルギー戦を見据え、「しっかり整えて向かう」と意気込みを語った。  決勝トーナメント進出がかかった28日のポーランド戦では、終盤、スコア0-1と負けている状況で、後方でボールを回す戦術を指示。翌日のミーティングで、西野監督は選手たちに「(攻めた)1、2戦目と違う要求をしてしまった。素直に喜べない状況を作ってしまい申し訳ない」などと謝罪したという。 以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。




・恥ずべき行動だった。


・彼は何も謝罪することはない。
彼は自分の仕事をしただけだ。


・↑仕事をしたのはコロンビアだ。


・↑もちろんだよ。
コロンビアも彼も仕事をした。


・↑彼が選手たちを休ませていなかったら、こういう状況にならなかったのでは?


・↑そうかもしれなし、そうでないかもしれない。
一つ確かなことは、彼らは決勝トーナメントに進出したことだ。
誰も予想していなかった。


・もしもセネガルが点を取っていたら、日本は敗退していた。


・↑どの試合もギャンブルだよ。
どんな戦術、先発メンバー、交代もギャンブルだ。
もしもギャンブルをして勝ったのなら、仕事をしたということだ。





・素晴らしい行動だ。


・↑ワールドカップで優勝したことを彼が謝罪するのを待つがいい。


・↑典型的な日本人のエチケットだね。
「ワールドカップ優勝でクロアチアの人々を困らせてしまったことを謝罪します」


・これからベルギー相手に波乱を起こす。
PK戦で勝利をして、ロシアと同じことをする。


・↑そしてブラジル相手に波乱を起こしたメキシコに敗れる。


・↑もしくは本田がメキシコ相手に決勝点を決めて、二度とパチューカでプレーしない?


https://goo.gl/XkeA4t


follow us in feedly