p
月曜日のロシア・ワールドカップ、ラウンド・オブ16の日本vsベルギー戦。一大決戦に向けて両チームとも調整に余念がないが、ベルギー代表の右サイドを担うFWドリース・メルテンスが聞き捨てならないコメントを発した。 「ワールドカップで優勝するよりも大事なことがある。“例”の得点数だよ!」  そう言ってベルギーの母国メディアの笑いを誘った。ナポリの韋駄天ならではのジョークである。  メルテンスが意図したのは、ベルギーの国内電機メーカー『Krefel』社が今大会向けに企画した斬新キャンペーンだ。期間中に同社製のテレビを購入した者には、とある返金オプションが付帯しているという。その条件が面白い。ワールドカップでベルギー代表が「16得点以上」を取れば、全額返金されるのだ。以下略(サッカーダイジェストウェブ)
海外の反応をまとめました。




・彼は国民の味方だ。


・なんて憐れみ深い人なんだろうか。


・文字通り、彼の週給だけでテレビを買うのに十二分すぎる。


・↑お前は「タダ」が持つ力を見くびっている。


・メルテンスに友達になって欲しい。


・あと7ゴール必要なんだろ?
3-0,5-2,1-0...。


・↑しかも彼らは準々決勝でブラジルと対戦するだろう。


・↑一試合で7点全部取る!





・ところで、彼は数か月前にレストランでガリー・ケーヒルに会ったとインタビューで言っていた。
ユーロ2012前の親善試合でケーヒルを負傷させてしまったことをメルテンスは謝罪に行ったそうだが、ケーヒルはメルテンスのことを認識できずに、サインを求めに来たファンだと思ったらしい。


・↑あいつはピッチ上でボールを見ることが出来ないからな。
相手FWの顔は認識できないだろう。


・↑おい、今のケーヒルは良いセンターバックだぞ。


・私は2週間前にテレビを買おうかと思っていたんだ。
買っておくべきだった。


・↑新しいテレビが必要なら問題ない。
16点入ったら、無料でテレビが手に入る。
でも必要ないのにそれでも無料で欲しいのなら、君は大物だ。


・↑日本相手に6~7点取ると思っているのか?
それともベルギーが本当に勝つと思っているのか?(笑)


https://goo.gl/EpQckV
follow us in feedly