wwef
日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカプ(W杯)決勝トーナメント1回戦のベルギー戦で後半アディショナルタイムに決勝点を奪われ、2-3の逆転負けを喫した。高速カウンターからの被弾の発端となってしまったMF本田圭佑のCKと西野朗監督のリスクマネジメントに、元ドイツ代表の名手らから疑問の声が上がっている。以下、全文を読む(フットボールゾーンウェブ)
海外の反応をまとめました。



動画



・日本のことを思うと胸が引き裂かれる。
でも、素晴らしいカウンターだった。


・↑ルカクのスルーは美しかったね。


・↑あのゴールはルカクが生み出した。
おとりになって、シャドリに任せた。
得点表に彼の名前は載らないけど、大きな仕事をした。


・昌子は残された力をふりしぼって全速力で戻った。
最後まであきらめずにスライディングした。


・カウンターの始まりとなった、クルトワの素晴らしいスローイングがこの動画には欠けている。


・↑ああ、クルトワは素早かった。
彼がこれをすべて作り出した。


・ロスタイムに入って4分の時点で自分たちのCKだった。
こんなことを許してはいけない。
あまりに簡単にやられすぎた。


・↑日本が勝ちにいったことに私は何も問題を感じない。





・あれは酷いCKから生まれた。
彼らは勝とうとしていた。
その直前にFKで勝ちそうになった。


・↑あまりに多くの選手をあげすぎたよ。
笛が吹く前にカウンターをくらわないように注意するべきだった。


・日本はピッチ上の至る所でプレスをかけて素晴らしい試合をした。
でも日本のあのコーナーキックはなんて馬鹿馬鹿しいのだろうか?
どうしてクロスをあげるんだ?
どうしてショートコーナーにしなかった?
試合が終わるまであと60秒ほどだったのに。


・↑30分間の延長戦を戦うよりも、あのCKで勝負に出た方が確立が高かったのだろう。


・↑日本は点を取りたかったのだろう。


・↑日本のCKのスタッツはあまり良くないだろ?
私が憶えている限り、ベルギーはすべてのCKを簡単にクリアしていた。


・コーナーキックからのカウンターはいつでも危険だ。
もっと後ろに人数を残しておくべきだった。
その前のFKで、彼らはカウンターをくらうのではないかと思っていたんだ。


・↑彼らが勝ちに行ったのは、とてもよく理解できる。
だが、残った選手たちはカウンターの際にきちんと相手をマークしていなかった。


・コーナーで時間稼ぎをするべきだった。


・↑ディエゴ・フォルランも全く同じことを言っていたよ。


https://goo.gl/Rhpde2,https://goo.gl/rmBWT1


follow us in feedly