tt
(CNN) カタールがサッカー・ワールドカップ(W杯)2022年大会の招致で、主なライバルだった米国やオーストラリアの招致運動を妨害するために秘密工作を仕掛けていたとの新たな疑惑が浮上した。カタール側は全面的に否定している。 英紙サンデー・タイムズが29日、工作に関与した人物から当時のメールを複数入手したと伝えた。 国際サッカー連盟(FIFA)によるW杯開催地の選定基準には、国民が開催を強く支持しているかどうかが含まれる。カタールはライバル国の学者やジャーナリスト、ブロガーを雇い、自国での開催に批判的な論調をあおったり、反対運動を起こさせたりした疑いがあるという。以下略(CNN)
海外の反応をまとめました。




・なんという驚きだ。


・私は本当に驚いた。


・どういうことだ?
具体的に一体彼らは何をしたんだ?


・そうか、でもオーストラリアがいつ開催を名乗り出たの?


・ブラッターはカタールが開催することに反対していたんだろ?
彼が10年に及ぶ在任中に行った唯一良いことだ。


・FIFAが何か対応をするとでも?


・↑私は今日、FIFAに規則があることを初めて学んだ。


・↑彼はアジアとアフリカでサッカーが成長する手助けもしたのでは?


・↑そうだ。
それが主な理由でアベランジェよりも彼は少しマシだった。





・じゃあ、どこに開催地を変更するの?


・もしもイスラム国家に開催させたいのなら、モロッコに開催させろ。


・2022W杯をボイコットしよう。


・FIFA「我々はカタールと話をした。彼らはやっていないと言っている」


・FIFA「内部監査を行ったが、何も悪いことをしていない」


・FIFAは奴隷の問題にも対処したから、この件も対処してくれるはずだよ!


・もしこれが事実だとしたら、カタールから開催権を剥奪して、50年間の出場停止処分にしろ。


https://goo.gl/SqmU7y,https://goo.gl/ZkoLcG,https://goo.gl/E5GVZe,https://goo.gl/3HkrVX
follow us in feedly