t
ついに8月を迎え、欧州主要リーグでは新シーズンの開幕が近づいてきた。 『Daily Mail』によれば、イングランドでは今季から「監督に対するイエロー・レッドカード」が導入されるという。 この新ルールが導入されるのは、プレミアリーグを含めたイングランド5部までのリーグ戦と、FAカップやカラバオ・カップなど国内カップ戦。 ただし、プレミアリーグだけは審判が監督に対してカードを提示するのではなく、口頭で警告になるという。2~5部とカップ戦では、実際に監督にカードが突きつけられる。以下略(qoly)
海外の反応をまとめました。




・本当にうれしく思う。


・ということは、ベンゲルは素晴らしいタイミングで身を引いた。


・クロップにとっては大きな問題だ。
大袈裟な奴だからな。


・クロップが審判たちに向かって叫び続けても、何のお咎めもなしで済むから見てろ。


・↑たとえVARがあったとしても、クロップのことは罰しないよ。
彼は特別だからね。
彼は批判されない。


・クロップはタッチラインに二度と立たないだろうな。(笑)


・↑決勝点の後にシャツを脱いで喜ぶクロップにカードが出されるのを想像してみてくれ。


・モウリーニョは試合の日に家で仕事をすることが増えそうだね。





・ユナイテッドの幹部は、モウリーニョをタッチライン際の檻に入れて、口にテープを張ることを考えている。


・イエローカードの累積で出場停止になるのか?


・酷い審判たちにもカードを出せないの?


・審判は?
職権濫用する審判には誰がカードを出すの?


・どうしてプレミアでは導入しないの?


・次は何だ?
自分のチームを応援するファンたちにカードを出すか?


・頼むからやめてくれ。
時間稼ぎの方法がまた増える。


https://goo.gl/8kXgRZ
follow us in feedly