3
ユヴェントスに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインは、噂されているミランへの移籍に近づいているようだ。イギリス紙『ガーディアン』が31日に報じている。同メディアによるとイグアインは、完全移籍へ移行する買い取りオプションの付いた1年間のレンタル移籍でミランと合意した模様。ミランはレンタル料として1800万ユーロ(約24億円)を支払い、買い取りオプションを行使する場合にはさらに3600万ユーロ(約47億円)を支払うことになるようだ。来夏に買い取りオプションを行使した場合、ミランは総額5400万ユーロ(約71億円)を費やすことになる。以下略(サッカーキング)
海外の反応をまとめました。




・レンタルでこんな額を払うなんて狂っている。
困惑する。


・どうしてレンタルなの?


・↑レンタルだと、フィナンシャルフェアプレーの適用のされ方が異なる。


・これは買取条項付きじゃないと。
ミランのフィナンシャルフェアプレーを考慮すると、一年で彼を連れ戻すことになるかもしれない。(ユーベファン)


・買取条項が付いていなかったら、かなり奇妙だ。


・イグアインに一体何が?
彼はユーベに不十分なの?


・↑CR7が移籍してきた。


・彼は我々相手に点を取るだろう。
私の言葉を憶えておけ。(ユーベファン)


・↑点を取っても、彼はゴールパフォーマンスを行わないと思う。





・レンタル料が2000万ユーロ?


・↑こうすれば、ミランは彼を買わざるを得ない。


・受け入れろよ、太っちょめ。


・ザパタと二度と対峙しないですむようにミランに来たがっている。


・↑彼は練習で毎日対峙しないといけない。
逃げる術はない。


・↑彼は己の恐怖と毎日対峙したいのさ。


https://goo.gl/3nvytz
follow us in feedly