p
【8月1日 AFP】サッカーのヘディングによる脳へのダメージは、女性の方が男性より5倍ほど大きくなる恐れがあるとする米国の研究結果が7月31日、発表された。アマチュア選手100人近くを対象とする調査に基づく結果だという。  米学術誌「Radiology(放射線医学)」に掲載された研究論文では、サッカーでの頭部外傷を防ぐには、男女差を設けたガイドラインの導入も視野に入れるべきとの考えが示された。以下略
海外の反応をまとめました。




・どうりで私の婚約者は狂っているわけだ。


・女性たちには脳があるから、男性よりも脳にダメージを受けるのだろう。


・女性の上半身は男性よりも筋肉が少ない。
女性の首は、男性よりも衝撃を吸収しないのだろう。


・男性もヘディングをするべきではない。
少しでも誤ると、かなり痛い。


・↑痛いだけでなく、長い目で見ると慢性外傷性脳症などの危険性がある。


・↑自分が臆病者で良かった。
GKからのロングボールは、特にヘディングをしようとしなかった。


・↑6歳から16歳までセンターバックをしていたが、GKからのゴールキックをヘディングすることが私の主な仕事だった。
幸いなことに今のところは、何ンンおおお影響もおおおおおおなあいあいあいい。


・もっと軽いボールが必要だね。


・↑子供たちにも、もっと軽いボールが必要だよ。
彼らは5号球できちんとシュートを打てない。
ボールの方が彼らよりも大きい。





・私はヘディングが大嫌いだ。
まるで頭蓋骨全体が揺れているような気分になる。


・↑同意だ。かなり痛いしね。


・↑痛いけれど、ヘディングを決めるとかなりの満足感がある。


・女性の方が頭蓋骨が薄いんだろ?
概して骨格が男性よりもデリケートだ。
納得がいく。


・サッカーって性差別主義者なのか?


・フェミニストたちが次にどんなことで抗議を行うか分かった。
「男性に支配されたボールは禁止されるべき」


https://goo.gl/PLmw9N,https://goo.gl/74cxpK,https://goo.gl/e98o4x,https://goo.gl/Yf9MPC
follow us in feedly