ws
今夏ニューカッスルに加入した日本代表FW武藤嘉紀は、2015年にマインツへ移籍した際、チェルシーからもオファーを受けた過去がある。  26日のリーグ第3節はそのチェルシーをホームに迎え撃つが、大一番を前に「成長を助けてくれるクラブに留まりたいという思いがあった」と当時の舞台裏を明かしている。英紙「デイリー・テレグラフ」が報じた。以下全文を読む( Football ZONE web )
海外の反応をまとめました。




・彼は完全に正しい。


・Mutoってゴジラに出てくる奴では?


・チェルシーは良い選手たちを台無しにする。
だから良い決断だったと思う。


・↑どうして?
ベンチに座らせるよりも、良いクラブでプレーさせているから?


・↑カップ戦で2試合出場させる前に適当なクラブにレンタルして、バーネットに売却するから。


・チェルシーやシティのようなレンタルアーミーに加入しても、何にもならないことに気付いて欲しい。
助けになるよりも厄介なことになるだけだ。


・↑チェルシーでは成功しなかったかもしれないけれど、高いレベルでプレーしている元チェルシーの若手選手たちはたくさんいるぞ。


・↑何にもならないというのは不公平だね。
サラー、アケ、トラオレ、クルトワを見てみろ。





・我々は日本の市場にアピールするために彼が欲しかったんだと思う。
ヨコハマと契約した直後だったからね。(チェルシーファン)


・↑サムスンを復活させろ。
チェルシーのユニフォームによく合う。(韓国人)


・つまり彼は偉大なレンタルアーミーに加わりたくなかったんだね。


・↑加わっていたら、彼はいまだに控えだっただろう。


・チェルシーは一体どれだけの選手たちをレンタルに出している?


・↑13人だ。
5人だけチャンピオンシップでプレーしている。
他の選手たちはもっと下部だ。


・彼は間違いない正しい決断を下したと思う。
もしも我々が獲得していたら、彼は成長するための出場機会を得られなかっただろう。


https://goo.gl/7NS8Zj
follow us in feedly