a
ベイクルーズが展開するセレクトショップ「エディフィス(ÉDIFICE)」の渋谷店が、9月14日に「アンド エディフィス(& ÉDIFICE)」としてリニューアルオープンする。エディフィスに加えて、「PULP」と日本初上陸となるパリのサッカークラブ「パリ・サンジェルマン(PARIS SAINT - GERMAIN)」のオフィシャルショップ「パリ・サンジェルマン ストア トウキョウ(PARIS SAINT - GERMAIN STORE TOKYO)」の3ブランドを展開する。以下略(fashionsnap.com)
海外の反応をまとめました。




・PSGが行動を起こしている。


・数週間の間に、商業主義のチームがいろいろなことを行っている。
未来は明るいな。


・ユーべはそこにコーヒーショップをオープンした。


・↑典型的なイタリア人だな。


・↑東京にはGreggs(パン・コーヒーのチェーン)が欠けている。


・エッフェルタワーのロゴが入っているという理由だけで、彼らはPSGの商品を買う。(大爆笑)


・↑ああ、日本はフランスが大好きだからな。特にパリ。


・↑ここに到達するまではな。
パリ症候群(パリしょうこうぐん、仏: syndrome de Paris, 英: Paris syndrome)とは、異文化における適応障害の一種であり、カルチャーショックの一種。「流行の発信地」などといったイメージに憧れてパリで暮らし始めた外国人が、現地の習慣や文化などにうまく適応できずに精神的なバランスを崩し、鬱病に近い症状を訴える状態を指す精神医学用語である[1]。「憧れを抱いてパリに住む日本人を襲う適応障害の一種。日常生活のストレスが高じ、妄想や幻覚、自立神経の失調や抑うつ症状をまねく」ともいう[2]。 ウィキペディア

・↑いや、日本人に限定されるようなことではない。
確かに存在するが、かなり珍しいよ。


・↑日本人に限定されないけれど、ほかの国の人間に比べると間違いなく多いよ。


・少年たちの力と友情が、PSGのCLグループステージ突破を手助けしてくれるだろう。


https://goo.gl/85dYvg
follow us in feedly