y
昨夏に加わったイングランドの逸材。クラブとの2020年までの契約をさらに2年延長。 ボルシア・ドルトムントは2日、U-19イングランド代表MFジェイドン・サンチョとの契約を延長したことを発表。新契約は2022年までとなっている。 昨夏マンチェスター・シティ下部組織からドルトムントに渡ったサンチョはドイツではこれまで公式戦20試合に出場。今シーズンは公式戦8試合に出場し、リーグ戦ではサブとしての起用が続くも、6試合で合計124分と限られた出場時間のなかで1ゴール5アシストといった記録を叩き出している。以下略(goal.com)
海外の反応をまとめました。




・最初から契約延長の条項が含まれていると噂されていた。
イサクも同様だ。


・↑より高給で契約を結ぶはずだ。
ドルトムントは彼のことをかなり評価しているからね。


・2022年か。
クラブは最初の契約で得た延長のオプションを行使したようだね。
いずれにせよ、良いニュースだ。


・↑かなりの給与アップも契約に含まれているはずさ。


・やったぜ!
ビックグラブが打診してきたら、さらに多額の移籍金を要求できる。


・つまり延長ではなく、2年追加の選択肢を行使しただけか。


・今日は良い日だ。


・良かった。プリシッチが同時に契約延長しなかったことに驚いている。





・彼はプレミアにあっという間に移籍してしまうだろうと、私はよく考えるのだが。


・↑代わりに我々が手にする巨額の移籍金のことを考えろ。


・↑全盛期の彼の移籍金は9桁まで到達するだろう。


・↑どうかな。
ただし移籍市場の動向、さらに彼はイギリス人だからおそらくプレミアに戻ることを考慮すると、移籍金は狂ったものになるだろう。


・彼はいつになったらフル代表に選ばれるの?
明らかに高いレベルを見せている。


・素晴らしい。
おそらく契約満了まで残らないだろうが、少なくとも彼に2~3年与えられる。


https://goo.gl/7FfdsV,https://goo.gl/547Z8W,https://goo.gl/N4zjTx
follow us in feedly