ed
 海外サッカーでPKを蹴った選手がそのままバック宙を決め、ついでゴールも決めるという破天荒なゴラッソを炸裂。前代未聞の“バック宙PK”の瞬間を海外メディアが動画付きで紹介し、ファンに「プスカシュ賞」「これは一体ない」「今夜試してみる」と衝撃が広がっている。かつて、こんなPKがあったのか。奇想天外の“バック宙PK”を決めたのは、ロシアリーグのU-21ルビンカザンのノリク・アヴダリアンだった。ラウル戦、後半9分の場面だった。以下略(The ANSWER)
海外の反応をまとめました。



動画



・なんて言ってよいのか分からないな...。


・一方、NASAはいまだにマフレズのPKを探している。


・マフレズは普通のPKさえ決められない。


・あれを外していたら、どれほどマヌケに感じるか想像してみてくれ。


・これほど素晴らしいバク宙PKは今までになかったことは間違いない。


・でもストークの寒い夜でも彼はあれをやれるの?


・↑冷たい雨が降る夜の間違いだろ。


・来季に向けてこれを練習する必要があるな...普通のPKの練習をした方がいいか。


・バク宙PKではないだろう。
蹴った後にバク宙したのだから。





・正直、良いPKだった。


・FIFA20ですべての選手たちがこれをやるから見てろ。


・FIFAでこれをやったことがあるが、指を骨折した。


・まるでカンフーサッカーだな。


・マフレズがこれをやらなかったことが残念だ。
あれ以上酷いPKになりようがなかった。


・チームメイトたちさえ感心していないようだ。


・GKが銃を持っていれば、こんなことは起きなかった。


https://goo.gl/r57DpH
follow us in feedly