g
ポルティモネンセに所属する日本代表MF中島翔哉の契約解除金が高騰しているようだ。スペインメディア『Estadio Deportivo』が報じている。  海外挑戦1年目から10ゴール13アシストを記録し注目を浴びた中島。今季もリーグ戦7試合に出場し、4ゴール3アシストと好調をキープ。現在もセビージャや日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントなどブンデスリーガの複数クラブからの関心が報じられている。以下略(Football Tribe)
海外の反応をまとめました。




・中島をチームに残すには難しいだろう。
違約金は4000万ユーロ(約52億円)だ。
ポルティモネンセとFC東京にとっては良いことだ。
セビージャ、フランクフルト、シャフタールがポールポジションにいる。


・我々が4000万ユーロの違約金を払うとでも?(フランクフルトファン)


・↑はは!そんなことはありえない!


・↑4000万ユーロは、我々の年間の予算にほぼ匹敵する。
それくらいの額だ。(フランクフルトファン)


・↑ボラ紙は彼の違約金が4000万ユーロだと言及しただけだ。
彼に4000万ユーロ払うチームが現れたとは書いていない。
シャフタールが1000万ユーロ以下ののオファーを出したという新聞をいくつか読んだ覚えがある。
1000万ユーロよりもずっと価値があると私は思っているが、4000万ユーロはないな。


・↑ボラは時々、正確ではない報道をする。
我々が払った史上最高額は700万ユーロだ。
この話題で我々を一まとめにして語るのは疑問が残る。(フランクフルト)


・シャフタールに来て欲しいな。
もちろん4000万ユーロの違約金を払わずにね。


・4000万ユーロというのは、可能な限りの額の違約金を手に入れるためだろう。
どこのチームも4000万ユーロ払わないのは明らかだ。





・我々が彼を獲得しようとすらしないことが信じられない。
ここしばらくの間で、ポルトガルのトップ3以外のチームで見た最高の選手だ。


・↑我々がブヒラミを売却したら、中島を猛烈な勢いで獲得しに行くと思う。(ポルトファン)


・↑どうして夏に買わなかったんだ?
8月前の違約金は1000万ユーロだったのに。
今は4000万ユーロだぞ...。


・↑ポルトの守備はガタガタだったからな。
まずは守備を立て直すことに金を使いたかったのだろう。


・こんなに巨額の違約金を許してしまう選手と代理人は、あまり賢くないね。
ポルティモネンセから出られなくなるリスクがあるぞ。
それとポルトガル以外のチームが彼を契約するとは思えない。


・↑彼に2000万ユーロ払えるポルトガルのチームはないぞ。


・↑初年度の違約金は1000万ユーロだった。
ベンフィカ、ポルト、シャフタールが彼に興味を持っているが、違約金は払いたくない。


・彼には物凄い才能がある。


https://goo.gl/R89LUS
follow us in feedly