8
兵役免除に基づく社会奉仕活動で虚偽の報告を行ったFC東京の韓国代表DFチャン・ヒョンスについて、韓国サッカー協会(KFA)は1日に代表選手資格の永久剥奪と罰金3000万ウォン(約300万円)の処分を下した。韓国『朝鮮日報』など複数メディアが報じている。  チャン・ヒョンスは2014年のアジア大会で韓国の金メダル獲得に貢献し、兵役免除を受けた。韓国では、兵役特例対象のスポーツ選手は兵役の代わりに544時間の社会奉仕活動を義務付けられており、その実績を関係機関に証明しなければならない。同選手はこの奉仕活動を水増しして報告したとされている。以下略(ゲキサカ)
海外の反応をまとめました。




・どうやらチャン・ヒョンスがとんでもないことをしでかしたようだ。


・誇りを持って地域奉仕活動を行うのはそんなに難しいことなのか?


・彼を軍に送るんだ!


・↑彼は集中力を失い、あやまって非武装地帯を超えてしまうだろう。


・↑こういうメンタルの持ち主は非武装地帯を超えられない。


・たしか兵役を免除されても、4週間の訓練に参加しないといけなかったはずだ。
それから500時間以上の地域奉仕活動を行う。


・一体どんな処分が下るだろうか?


・奉仕活動が5日間増えるだけだよ。
なんという茶番だ。
韓国はふざけた法律・規則であふれている。


・外国で仕事をしていたら、500時間以上の地域奉仕活動を行うのは難しいだろ。





・チャン・ヒョンスは虚偽の申告を認めた。
捜査される一方で、11月にオーストラリアのブリスベンで行われる親善試合には召集されなかった。


・なんて愚かな奴なんだ。
彼の兵役免除が無効になることを祈るよ。


・それで彼は奉仕活動に当たった時間を水増ししたの?
それとも完全にでっち上げたの?


・この件は彼が如何に愚かで、これからもヘマを犯すことを証明している。


・おそらく1年以上は代表に参加できないだろう。


・公式発表:代表からの永久追放と罰金。


・これは驚いた。歓迎すべき驚きだ。


・ハハハ。我々の望みがかなった。
でもかなり奇妙な形でね。


・メキシコ戦の2失点に絡み、韓国最高の左サイドバックを病院送りにしたワールドカップの舞台に彼がもう戻れないのが残念だ。


https://goo.gl/ftUiyk,https://goo.gl/9uk4Nu,https://goo.gl/9La7Y6
follow us in feedly