987
<オランダリーグ:VVV0-0フローニンゲン>◇9日◇フェンロ 中略 堂安は前半8分、右サイドからドリブルでエリア内に進入しシュートを放つ。同17分にはグラウンダーのクロスで決定機を演出するなど、見せ場を作った。同41分には、パスを受け右サイドを駆け上がったところを、DFプロメスの激しいタックルをくらう。このプレーでプロメスは一発レッドカードとなったが、VAR判定で覆りイエローカードと訂正された。以下略(日刊スポーツ)
海外の反応をまとめました。



動画




・マジかよ?!これがレッドカードでないのなら...。


・今のところ、エールディビジではビデオ判定システムは滅茶苦茶だ。
本当に嫌いだよ。


・↑良い使われ方が悪い使われ方を上回っていると思う。
悪い使われ方は思いだすのが簡単だからね。


・↑酷い使われ方がされない週がない。


・>>今のところ、エールディビジではビデオ判定システムは滅茶苦茶だ。
↑君の為に直しておいた。


・ビデオ判定を行う審判は、別アングルでの映像を持っていたのでは?
彼の足は堂安の前に来ていたとか?


・↑あのスピードとタックルの高さを考慮すれば、堂安に全く触れていなくてもレッドカードだろ。


・無能な連中が酷い決定をする。





・これは本当に馬鹿馬鹿しい。
今のところ、私が話しをした連中全員がレッドカードだと言っている。
でも審判たちはイエローカードにした。
説明が聞きたい。


・今朝の試合でビデオ判定システムはたくさん使われた。
ストラスブール、ウディネーゼ、エンポリ、マインツ。


・最も奇妙なのは主審はすぐにレッドカードを出したのに、VARのチームが別アングルで観たがって、イエローカードに変更したことだ。
エールディビジでVARは良い使われ方をしていると思うが、これはあまりに馬鹿馬鹿しい。


・ボールに行っているだろ。何も厳しい点はない。


・↑皮肉であることを願う。


・↑ああ、そんなわけない。
明らかなプレーだろ。


https://goo.gl/62DFt1


follow us in feedly