tt
(CNN) サッカーのイングランド代表で活躍した経歴を持つウェイン・ルーニー選手が米国で逮捕され、拘置所に収容されていたことが7日までに分かった。公共の場で泥酔し、暴言を吐くなどした疑いがもたれている。 ルーニー選手は先月16日、米バージニア州にあるワシントン・ダレス国際空港で空港警察により逮捕された。地元当局によれば、誓約保証金を支払って釈放されたという。以下略
海外の反応をまとめました。




・記事「33歳のルーニーは25ドルの罰金と91ドルの手数料を払い、釈放された
↑これで彼もよく分かったはずだ。


・俺はこの男のことが大好きだ。


・これはマグショット?
彼は本当に悲しそうだ。


・でも、自由の国なんだろ。


・アメリカってそういう国だと思っていたが。


・典型的なイングランドのサッカー選手の行動だ。


・アメリカでは汚い言葉を吐くことが違法なの?


・↑キリスト教の国では汚い言葉を吐いたりしない。





・アメリカの警官は逮捕するだけでなく、出来るだけ多くの告発理由を探すことをヨーロッパ人は知っている。


・英語のネイティブスピーカーでない者にとっては、アメリカは危険な国だ。


・誰も彼が誰なのか分からなかったはずだ。


・彼をなだめる付き人や同伴者はいなかったのか?


・私はワシントンのダレス空港から戻ってきたばかりだ。
正直、彼のことを責めることは出来ない。


・なんてことだ。
君がこんなことをするなんて。


・ルーニーが一番得意なことだろ。


・酔ったルーニーが何を言っているのか彼らが理解出来たことに驚く。


・↑もしかしたら、そうではないかもしれない。
彼はホテルの方向を尋ねていただけかもしれない。


https://goo.gl/BMjpEf
follow us in feedly