re
前略 これからはリーグタイトルを巡ってバイエルンと張り合えるためにドルトムント幹部は内部でとある決断を下したようだ。『シュポルト・ビルト』はその例として、アメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチが移籍を要請したところ、幹部は最終的にはバイエルン以外への移籍のみを許す条件で移籍を容認したことを挙げている。レンタルバックという形で今シーズンいっぱいはドルトムントに残り、夏にはチェルシーに加入が決定した同選手だが、バイエルン移籍の選択肢は与えられていなかったとのことだ。以下略(goal.com)
海外の反応をまとめました。




・ずいぶんと時間がかかったな。


・前にも聞いたことがあるぞ。


・上手く行くといいけどね。


・これには同意する。
もしもレヴァンドフスキがドルトムントに残っていたら、彼らはリーグ制覇していただろう。


・ブンデスリーガの他のクラブたちも後に続くべき。


・↑ドルトムントに選手を売らないってことかな?
そうだな。
特にボルシアMGはそれをやり始めるべきだ。
さもないと、ドルトムントの2位はいつまでも変わらない。


・↑昨年の俺たちは4位だったけどね。(ドルトムントファン)


・選手が本当にバイエルンに移籍したかったら?


・バイエルンは、トーマス・ヘルマーの手を使えばいい。
他のクラブがドルトムントの選手を完全移籍で獲得して、バイエルンにレンタルする。


・↑イタリア流の移籍法だな。





・レヴァンドフスキとゲッツェを移籍させる前にこうするべきだった。


・↑レヴァンドフスキはドルトムントとの契約満了後に移籍した。
彼らにはどうしようもなかった。


・この結論に至るまでにこれだけの年数がかかった。
素晴らしい。


・どうして何年も前にこの決断をしなかったのだろう?


・ということはサンチョの獲得はなしか...でも現実的にどれくらい効果があるのかな?(バイエルンファン)


・5年くらい前にそうするべきだったが、遅くてもやらないよりはマシだ。


・でも、バイエルンの選手を獲得したくなったら?


https://goo.gl/P3JGTj
follow us in feedly