wtf
のW杯開催へ“ブラック化”の改善は進まず  2022年ワールドカップ(W杯)の開催地カタールはアジアカップで初優勝を飾り、サッカー新興国としての存在感を一気に高めることに成功した。その一方で3年後に控えたW杯に向けた会場建設の現場は、いまだ“ブラック化”の改善がなされていないようだ。英公共放送「BBC」が伝えている。  カタールの現状を憂慮しているのは、「Amnesty International(アムネスティ・インターナショナル)」という国際人権NGOだ。19ページにもわたる報告書の中で、W杯の会場となる建設現場には約200万人の移住労働者が従事していると言われるが、その労働者の権利を確保する働きかけが「下回ったまま」で「時間を浪費している」、そして「搾取と虐待の対象になっている」との声明を発表している。以下略(Football ZONE web編集部)
海外の反応をまとめました。




・このニュースに驚いた者は誰もいない。


・そんなに驚かない。


・このワールドカップ開催国は、最初から論争の的だ。


・あと数千人が命を落としても、彼らはワールドカップを開催する気がする。


・開催権をさっさと他の国に移すことは出来ないのか?


・↑もはや手遅れだ。


・↑そんなことはない。
アメリカなどには、スタジアムたくさんあるし、インフラも整っている。
それにね、命を落とすまで働く奴隷はいない。


・そもそもカタールに開催権を与えるべきではなかった。


・↑数百万ドル貰ったら、君の気持ちも変わるのでは?(皮肉)





・カタール開催以外の代替案は?


・↑またロシアとかは?


・↑オーストラリアは本格的に誘致活動するべきだ。


・さっさとボイコットしろ!


・どうして私はこんなに驚いているのだろう?


・もしもスタジアム建設が間に合わなかったら、どうなるの?


・↑彼らはFIFAにさらに金を払う。


・ふざけんな、カタール。
いいねボタンは左にあるぞ。


・アムネスティも酷い団体の一つだけどね。


https://goo.gl/BaUwhP,https://goo.gl/AQ56J9,https://goo.gl/MDZhZ2
follow us in feedly