gf
【2月19日 AFP】18-19ドイツ・ブンデスリーガ1部は18日、第22節が行われ、首位ボルシア・ドルトムント(Borussia Dortmund)は最下位ニュルンベルク(1. FC Nuremberg)と0-0で引き分け、再び勝ち点を落とした。  前年王者のバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)が15日、敵地でFCアウクスブルク(FC Augsburg)に3-2で勝利していたため、ドルトムントがリーグ戦では3戦連続となるドローに終わったことで、9ポイント離れていた2位との勝ち点差は3にまで縮まった。以下略
海外の反応をまとめました。




・同じことの繰り返しだ。


・何がいけないのだろうか?
怪我人?
ファーヴルの戦術は機能している?


・↑ロイスがいないと我々には気骨とリーダーシップが無くなる。
アカンジやピシュチェクのような選手がいないのも痛い。
ゴール前の守備を崩せる10番もいないし。(香川・・・)


・↑香川が売却された日、突然彼の技術が必要になるような事態になると私は思った。


・一カ月前まで勝ち点7リードしていたのに、ここ5試合勝利無しだ。


・ファーブルはプレッシャーに圧し潰されない術を学んだのだろうかと、ずっと疑問に思っていた。


・今、香川がいてくれたらな。


・↑ゴール前を固めるチームと我々はひっきりなしに対戦するのに、香川を厄介払いしたことは本当に馬鹿げている。





・ドルトムントは一体何をしているんだ?


・↑バイエルンとたったの勝ち点3差だ。
ドルトムントを抜くと思わざるを得ない。


・ここ5試合勝利がなく、カップ戦も敗退し、CLからも敗退しようとしている。
たったの2週間でシーズンが台無しになったな。


・彼らのパフォーマンスを見れば当然の結果だ。
来週のレヴァークーゼン戦はもっと酷いことになるだろう。


・無駄なことを繰り返して言いたくないが、シンジの追い出され方が本当に嫌だった。
ロイス以外にゴール前の崩せるのは彼だけだ。


・↑サンチョにもゴール前を崩せる能力がある。
ただし、香川にはリーダーシップがあった。
それこそ今のチームに欠けているものだ。


・フィリップのことは好きだが、香川がいてくれたら。


・この試合やシーズンのこういう時期こそ、香川が必要なのに。


https://goo.gl/8KSJ5y,https://goo.gl/d1hbs7
follow us in feedly