1w
女子ワールドカップでカメルーン女子代表(E組3位)がイングランド女子代表に0-3で完敗した。アフリカ勢はこれで全滅となった。しかし試合中にあったビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を巡って、波紋を広げている。  根源はカメルーンの選手が判定に対して不満をあらわにしたことにある。中国人のチン・リャン主審に何度か詰め寄る場面があったが、象徴的なのは前半終了間際にイングランドに2点目が決まったシーン。一旦はオフサイドと判定されたが、VARによってゴールが認められた。  その一方で後半3分にはカメルーンのFWアジャラ・ヌシュットがゴールネットを揺らしたが、VARによってオフサイドと判定され、ゴールが取り消されたのだ。以下略(ゲキサカ)
海外の反応をまとめました。



動画



Cameron's Augustine Ejangue spits on England's Toni Duggan in Women's World Cup from r/sports




・オフサイドのルールは人種差別的であったことが確定した。


・厳しいけれど、妥当な判定だと思う。


・カメルーンのゴールが認められなかったのは、正しい判断だが、カメルーンは平静を失ってしまった。


・↑11人vs11人で試合が終わったことに私はとても驚いている。


・VARの正当性には疑問を持っている。
ただの視認?
それともGPSを使っているの?


・来季、プレミアでVARが導入されるが、面白いことになりそう。


・最高のエンタメ。
VAR大好き。


・女子サッカーがつまらないと言っていたのは誰?


・カメルーンは恥ずかしい。
サッカー界の恥。





・みんながこれ(審判を押したこと)に大騒ぎし過ぎだと思う。


・↑ああ、主審のポジショニングが悪いだけだ。


・↑イングランドの試合だぞ。一体何を期待しているんだ?


・主審は度胸を見せて、カードを出すべきだ。


・↑自分の身に起きたことに主審は驚いていたのだと思う。


・イングランドの選手が、どこかの国の選手に唾を吐きかけることを想像してみてくれ。


・もしも唾をかけられたのが、ネイマールだったら、彼は数週間昏睡状態になっていただろう。


・最高のコメディだった。
https://bit.ly/2N83dPY,https://bit.ly/2J7jLm1,https://bit.ly/2FvKE1I