本田圭佑

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1w
    MF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー/オーストラリア)が、滞在中のカンボジアで記者会見を実施。同国の「実質的な」代表監督兼GM(ゼネラルマネージャー)就任を発表した。肩書は「Head of delegation」で、契約期間は2年。登録上の監督には30歳のフェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマス氏が就任する。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。


    【本田圭佑がカンボジア代表の実質的な監督に就任(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    re
    メキシコのパチューカを退団した日本代表MF本田圭佑が、オーストラリア1部Aリーグのメルボルン・ビクトリー移籍が近づいていると現地紙「The Age」が報じた。以下略(フットボールゾーンウェブ)
    海外の反応をまとめました。



    【本田圭佑がオーストラリアのクラブへ移籍間近と現地報道(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    r
    【ロストフナドヌー共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会でベルギーに敗れた日本代表の本田圭佑(32)=パチューカ=が、2日の試合後に「これが僕自身にとって最後のW杯になる。4年後は考えられない」と語り、代表からの引退を示唆した。以下略
    海外の反応をまとめました。


    【本田圭佑が日本代表からの引退を示唆(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    er
    海外の反応をまとめました。


    【本田圭佑が試合前にスタメンをリークした日本のメディアに苦言(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    y
    前略 2010年の南アフリカ大会でワールドカップデビューを飾った本田は、カメールン代表戦とデンマーク代表戦で得点を挙げ、さらに2014年のブラジル大会ではコートジボワール代表戦でゴールをマークし、これまでに3ゴールを奪っていた。そして、ロシア大会のセネガル代表戦でもネットを揺らした同選手のワールドカップ通算得点数は『4』となり、データサイト『opta』によるとアジア人選手における最多得点記録を打ち立てた。以下略(サンスポ)
    海外の反応をまとめました。


    【3大会連続ゴールの本田がW杯アジア人最多得点者に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    r
    海外の反応をまとめました。


    【3大会連続弾!本田がセネガル戦で決めた同点ゴール(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ert
    <メキシコリーグ:プエブラ2-6パチューカ>◇6日◇プエブラ  パチューカFW本田圭佑が2試合ぶりにスタメン出場し、2ゴールを決めてチームの勝利に貢献。日本代表生き残りへ猛アピールした。以下略(日刊スポーツ)

    海外の反応をまとめました。

    【本田圭佑が2ゴール!先制弾&25m弾!(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    a

    リーガMX第5節のモナルカス・モレリア戦で、58分に本田圭佑が見事なFKを決めました。
    試合結果
    はパチューカ2-3モレリアでした。

    海外の反応をまとめました。

    【本田圭佑が28m豪快FK弾!(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    eee
    [12.12 クラブW杯準決勝 パチューカ 0-1(延長)グレミオ アルアイン]  FIFAクラブワールドカップ2017の準決勝が12日に行われ、MF本田圭佑が所属する北中米カリブ海王者のパチューカ(メキシコ)は南米王者のグレミオ(ブラジル)と対戦し、延長戦の末に0-1で敗れた。決勝と3位決定戦は16日に行われ、各対戦相手は13日に開催される準決勝のアルジャジーラ(UAE)対レアル・マドリー(スペイン)の結果によって決まる。以下略(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。


    【キレキレの本田が活躍もパチューカはグレミオに延長で敗れる(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hf
    [12.9 クラブW杯準々決勝 パチューカ1-0(延長)ウィダード・カサブランカ アブダビ]  FIFAクラブワールドカップ2017の準々決勝が9日に行われ、MF本田圭佑が所属する北中米カリブ海王者のパチューカがアフリカ王者のウィダード・カサブランカ(モロッコ)と対戦し、延長戦の末に1-0の完封勝利を収めた。準決勝に駒を進めたパチューカは12日に南米王者のグレミオ(ブラジル)と、敗れたウィダード・カサブランカは5位決定戦に回り、同日に浦和対アルジャジーラの敗者と対戦する。以下略(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。


    【(クラブW杯)本田不発もパチューカがアフリカ王者に勝利(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ