マンチェスターユナイテッド

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    o
    マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、もっと早くクラブの監督に就任していれば、アンヘル・ディ・マリアやハビエル・エルナンデスを放出しなかったと『BBC』で語っている。中略 「最初にここに来た時、哀れなクラブだと思った。マンチェスター・ユナイテッドは私なら売却しなかった選手たちを売ってしまっていたんだ。それに私なら獲得しない選手を買っていた。私ならディ・マリア、チチャリートとダニー・ウェルベックを売却しなかった」 以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。


    【モウリーニョ「マンUはディ・マリア、チチャリート、ウェルベックを売るべきではなかった」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    s
    マンチェスター・ユナイテッドのMFヘンリク・ ムヒタリアンは、ドルトムントから移籍した一番の理由は金銭面ではなく、ビッグクラブでの挑戦だとドイツ誌『シュポルト・ビルト』のインタビューに答えている。中略  「ユナイテッドは子供の頃からの夢のクラブではないんだ。でも僕にとってはいつもビッグクラブの一つだった。誰もが知っているようにユナイテッドはドルトムントよりも偉大なクラブだし、世界最高峰のクラブからのオファーを断ることはできなかった」 「より多くのサラリーを受け取るためユナイテッドに加入したという批判は到底受け入れられない。もし金銭面が目的ならシャフタール ・ドネツクからロシアのアンジ・マハチカラに移籍していた。サラリーよりも成長できる環境を望んでいる。だから次のステップへ進む良い機会だと思った」
    (goal.com)
    海外の反応をまとめました。


    【ムヒタリアン「マンUはドルトムントよりも偉大なクラブ」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    66
    チーム事情により昨季からさまざまなポジションで起用されているマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニー。10代で頭角を現し、2004年にユナイテッドに加入して以来、多くの得点を積み重ね、今ではクラブと代表の両方でキャプテンを務めている。そんなルーニーは、今季開幕前の移籍市場で、莫大な資金力を背景に欧州や南米のクラブから次々とビッグネームを「爆買い」している中国からの誘いを受けていたようだ。中国スーパーリーグで戦う北京国安の名誉会長を務める羅寧氏が、北京スポーツラジオの番組に特別ゲストとして出演した際に、チームがルーニーに正式なオファーを送ったことを認めた。羅寧氏は番組内で以下のように語っている。「今シーズン開幕直後に我々は彼(ルーニー)に対して具体的なアプローチを行った。実際に彼の代理人にも会った。しかし彼はマンチェスター・ユナイテッドに残りたいと回答したんだ。ルーニーは身体的な限界を感じるまではプレミアリーグで続けると言っていたよ」以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。

    【ルーニーが中国からのオファーを断る(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    2
    サンダーランドのデイビッド・モイーズ新監督は、マンチェスター・ユナイテッドを率いた際のことを振り返り、解任に至る扱いは不当なものだったと改めて主張している。ユナイテッドで黄金時代を築いたサー・アレックス・ファーガソン氏の後任として、モイーズ監督は2013年にユナイテッドの指揮を任された。だが十分な結果を出すことはできず、シーズン終了を待たずして解任される結果となった。それでもモイーズ監督は、エヴァートンで実績を残した自分はユナイテッド指揮官にふさわしい存在だったと考えているようだ。後任のルイス・ファン・ ハール前監督が大きくチームを改善できなかったことも、自身の力量だけの問題ではなかった証拠だと主張した。イギリスメディアが同監督のコメントを伝えて いる。「レアル・マドリーやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグな仕事のオファーは、何の理由もなく届くものではない。いつも言ってきたことだが、私はあそこでアンフェアな扱いを受けたよ。6年間の契約を交わして、10カ月間で終わりになるというのは…」以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。

    【モイーズ「マンUで不当な扱いを受けた」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    t
    サンダーランドの監督に就任したデビッド・モイーズが、愛弟子のマルアン・フェライニの獲得を願っていると、英紙が報じていました。

    海外の反応をまとめました。

    【フェライニの獲得を願うモイーズ(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ff
    サンダーランドがマンチェスター・ユナイテッドのMFアドナン・ヤヌザイに興味を示している。期限付き移籍での獲得を検討していると、英『デイリー・メール』が報じている。
     サンダーランドは22日にサム・アラダイス前監督がイングランド代表の新監督就任に伴い、クラブを退団。翌23日にデイビッド・モイーズ氏の就任を発表していた。
     21歳のヤヌザイは12-13シーズンの終盤にトップチームに昇格したが出場機会に恵まれなかった。だが、13-14シーズンからユナイテッドの指揮官 に就任したモイーズ氏に出場のチャンスを与えられると、同シーズンは27試合に出場し、4得点を記録。14-15シーズンからはライアン・ギグス氏が21年間着けていた『11』を継承した。以下略(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。


    【モイーズ率いるサンダーランドがヤヌザイ獲得を狙う(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    3
    マンチェスター・ユナイテッドMFフアン・マタは、中国で行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で対戦するボルシア・ドルトムントの攻撃的なサッカーに対して警戒する様子を見せている。22日から行われるICC中国ラウンドでは、非常に楽しみな3つのカードが組まれている。ユナイテッドとマンチェスター・シティ、そしてドルトムントの3チームによる対戦だ。マタはこの大会に向けて、クラブ公式サイトで次のように意気込みを述べた。「良い経験になると思うし、昨シーズンのアメリカでの大会と同じように勝利を目指すつもりだ。この大会で勝てるのはいつも素晴らしいことだよ。すごく豪華なライバルたちとの戦いだからね」以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。


    【マタがドルトムントの攻撃陣を警戒(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    y
    ドルトムントの公式ツイッターが、ムヒタリアンのマンU移籍を発表しました。

    海外の反応をまとめました。

    【ムヒタリアンのマンU移籍が決定(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    112
    ドルトムント(ドイツ)MFヘンリク・ムヒタリアン(27)は、マンチェスターU(イングランド)への移籍を希望しているようだ。伊サイト『calciomercato.com』が現地時間15日に伝えている。中略
     同選手の代理人を務めるミノ・ライオラ氏は、『スカイスポーツ』に対し「可能性があるのはマンチェスターUだけだ。ミキ(ムヒタリアン)が行きたがっているのはあそこだよ」とコメント。選手がマンU行きを望んでいると語った。以下略(ISM)
    海外の反応をまとめました。


    【ムヒタリアンの希望はマンU移籍、代理人が明かす(海外の反応) 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    00
    マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されるスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、その去就はいまだ明らかにされていない。6 月7日に去就を発表すると宣言しながら、当日の記者会見では自身が立ち上げたスポーツブランド「A-Z」のプロモーションに終始するなど、結局新天地の発 表はなかった。 そうしたなかで、移籍先の発表が遅れている原因は複数あるようだが、イブラヒモビッチが8月に開幕するリオデジャネイロ五輪への参戦を望んでいることも理由の一つだと、英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。以下略(Soccer Magazine Zone Web)
    海外の反応をまとめました。

    【リオ五輪で日本と対戦?イブラとマンUの交渉が進まない理由(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ