ドイツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    piu
    バイエルンが、レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの獲得へ向けて準備を進めているようだ。コロンビアのテレビ局『カラコル・テレビシオン』の報道を引用し、スペイン紙『アス』が10日に伝えている。  報道によると、バイエルンがJ・ロドリゲス獲得に向けて動きを見せており、関心が報じられているマンチェスター・Uやパリ・サンジェルマンよりも先に正式オファーを提示する可能性もあるという。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。


    【バイエルンがハメスの獲得を狙う(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    k
    Bミュンヘンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはチームメイトたちやカルロ・アンチェロッティ監督に不満を抱いているようだ。ドイツ誌『キッカー』で代理人が明かしている。  レヴァンドフスキは今シーズンのリーグ戦で30ゴールをマーク。しかし最終節となったフライブルク戦ではゴールを決められず、同日のブレーメン戦で2ゴールを決め、リーグ戦で合計31ゴールを記録したドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンに得点王のタイトルを譲っている。  それに対し、レヴァンドフスキは以前にも母国メディアで「今は何も思っていないが、当初は落ち込んだよ。もしかすると、チームが僕を助けてくれなかったことに満足していなかったのかもしれない。最後の試合が終わったすぐ後は怒りを感じたよ。チームに失望していた」と振り返っている。だが、どうやらそれは”過去のこと”として片づけられていないのかもしれない。以下略(goal.com)

    海外の反応をまとめました。

    【不満を抱いたレヴァンドフスキがバイエルンから移籍?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gf
    バイエルンは24日、U-19チームに所属するドイツ人DFフェリックス・ゲッツェとプロ契約を締結したと発表した。契約期間は2019年6月30日まで。  フェリックス・ゲッツェは、現ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの実弟。2014年からバイエルンの下部組織でプレーし、今シーズンはトップチームの数試合でメンバーに招集されることもあった。そして今回、プロ契約を勝ち取ることとなった。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。


    【ゲッツェの弟がバイエルンとプロ契約(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    t
    サッカーのドイツ1部リーグ、ケルンの大迫勇也選手が20日、今シーズン最終戦のマインツ戦に先発出場し、1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献しました。中略 
    大迫選手は、ゴールを決めた直後に途中交代しましたが、1ゴール1アシストの活躍でチームの勝利に貢献し、そのままケルンが2対0で勝ち、最終戦で順位が浮上してリーグ5位となりました。
    大迫選手は今シーズン30試合に出場し、通算7得点の活躍でシーズンを終えました。以下略(NHK)
    海外の反応をまとめました。

    【大迫が1ゴール1アシスト!ケルンがEL出場権獲得(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    o
     15日の“ノールト・ダービー”を前に、日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)のチームバスがブレーメンファンによってペイントボールで襲撃された事件が起きたが、損害は当初報じられたものよりも遥かに大きかったようだ。  18日付のドイツ紙『ビルト』によれば、ペイント弾に混じってビール瓶や石などが投げつけられ、衝撃でチームバスのガラスが損傷。3万ユーロ(約350万円)の罰金がかかる刑事事件に発展した。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。

    【酒井高徳所属のHSVのチームバスが襲撃される(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    et
    ダルムシュタットが11日、元ドイツ代表DFケヴィン・グロスクロイツを来シーズンから迎え入れることを発表した。契約は2019年6月まで。ドイツ誌『kciker』日本語版が同日に伝えた。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。


    【乱闘騒ぎのグロスクロイツが来季からダルムシュタットに加入(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title
    サッカーのドイツ1部リーグ、フランクフルトの長谷部誠選手が、5日のフライブルク戦に出場し、ドイツ1部リーグでの通算出場試合数を「235」に伸ばして日本選手の最多出場記録を更新しました。以下略(NHK)
    海外の反応をまとめました。

    【ブンデス公式動画が長谷部誠の日本人最多出場を特集(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title
    酒井高徳が主将を務めるハンブルガーSVを相手に、バイエルンがホームで華麗なゴールショーを展開。前半を3-0リードで終えたバイエルンは、後半も勢いが止まらず、レヴァンドフスキのハットトリックを含む8ゴールで大勝を飾った。以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。

    【バイエルンが酒井フル出場のHSVに8発大勝(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hh
    [10.15 ブンデスリーガ第7節 フランクフルト2-2バイエルン]
     ブンデスリーガ第7節が15日に行われ、MF長谷部誠の所属するフランクフルトはホームでバイエルンと対戦し、2-2で引き分けた。2試合ぶりのベンチスタートとなった長谷部は1-2の後半22分から途中出場。以下略(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。

    【長谷部が同点ゴールの起点に!バイエルンは3試合勝ち星なし(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ty
    ドイツの大衆紙エクスプレス(電子版)は17日、ドイツのアマチュアリーグ、クライスリーガC(10部)のSVフォンダーオルトに所属する25歳のゴールキーパー(GK)が大量失点を喫した後に逮捕されたと報じた。
     同紙によると、SVフォンダーオルトはライバルチームのPSVオーバーハウゼンとの試合で何と0―43で敗戦。前半だけで35失点を喫したとのこと。43失点を許したGKが逮捕されるのは、その試合の5日後。SVフォンダーオルトの練習中に2人の警察官に連行され、GKはその際に「警察はちょっとしたことを解決したいのさ」と話していたという。
     現時点で警察側はコメントを差し控えており、このGKの身柄が拘束された理由は不明。これには周囲も困惑の色を隠せない。以下略(スポニチ)
    海外の反応をまとめました。


    【独10部で43失点したGKが逮捕される(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ