カタールワールドカップ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    tt
    (CNN) カタールがサッカー・ワールドカップ(W杯)2022年大会の招致で、主なライバルだった米国やオーストラリアの招致運動を妨害するために秘密工作を仕掛けていたとの新たな疑惑が浮上した。カタール側は全面的に否定している。 英紙サンデー・タイムズが29日、工作に関与した人物から当時のメールを複数入手したと伝えた。 国際サッカー連盟(FIFA)によるW杯開催地の選定基準には、国民が開催を強く支持しているかどうかが含まれる。カタールはライバル国の学者やジャーナリスト、ブロガーを雇い、自国での開催に批判的な論調をあおったり、反対運動を起こさせたりした疑いがあるという。以下略(CNN)
    海外の反応をまとめました。


    【カタールがW杯誘致で他国に妨害工作か?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    qr
    2022年に開催されるカタール・ワールドカップは、11月~12月にかけて行われることとなった。 FIFA会長ジャンニ・インファンティーノ氏が会見を行い、その内容を『ユーロスポーツ』、『レキップ』など、ヨーロッパ主要メディアが大きく取り上げている。 インファンティーノ氏は次回のカタールW杯について、2022年11月21日に開幕し、12月18日まで行われることを公表。「すでにこの日程を想定している。カタールでは6月~7月にかけて厳しい条件になるため、これは良い選択になると思う」と述べている。以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。


    【初の冬開催に!2022年カタールW杯の日程公表!(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ew
    [モスクワ 10日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長は10日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会での出場枠拡大について「議論を行うには時期尚早」と述べた。 以下略
    海外の反応をまとめました。


    【FIFA会長「2022年W杯は32か国のままで」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ss
    【3月9日 AFP】2022年サッカーW杯カタール大会(2022 World Cup)のスタジアム建設現場における労働環境に関する報告書の中で、移民労働者が最長148日連続で働いていることが明らかになった。  報告書を作成した英コンサルティング会社インパクト(Impactt)によると、大会主催者の引き渡し・遺産最高委員会(Supreme Committee for Delivery and Legacy)による監督の下で働く1万8500人の多くにとって、長時間労働は依然として問題になっているという。  19ある建設会社のうち13社で労働者が酷使されているというインパクト社は、「19社中8社において、1週間の労働時間が72時間を超えたり、1日2時間以上の残業があったりするなどの重大な違反があった」とすると、「もっとも極端なケースでは、1日14時間、月402時間も働いていることが分かった」と報告書の中で述べた。以下略
    海外の反応をまとめました。


    【地獄の148連勤、カタールW杯の建設現場(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    dd
    2017年6月にサウジアラビアなど周辺諸国との関係が悪化し、国交を断絶されたカタール。2022年のFIFAワールドカップ(W杯)開催地に決まっているが、その準備に心配の声が出ている。カタールは液化天然ガスで世界最大の輸出国。日本などにも輸出しており、その利益で豊富な資金力を持つ。その資金を使ってカタールは、中東の民主化運動ではサウジアラビアなどがテロ組織に指定する団体を支援してきたほか、サウジアラビアと対立するイランとも一定の関係を保ってきた。 こうした姿勢にサウジアラビアやエジプトが強く抗議。国交を断絶した。 開催を危ぶむ声も出ていることに対し、カタールW杯事務局の局長は「報道の詳細を把握してはいないが、2022年W杯にリスクは一切ない」と力強く答えた。以下略(CYCLE)

    海外の反応をまとめました。

    【周辺国と国交断絶のカタールにW杯開催を危ぶむ声(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    7
    2022年にカタールで開催される予定のワールドカップ。『Time』によれば、大会期間中に公共の場での飲酒は禁止されることになりそうだという。それによれば、大会期間中のドーハでは公共の場での飲酒が認められなくなるようだ。さらに、カタール側はスタジアムでのアルコール摂取も禁止しようとしているとのこと。以下略(qoly)
    海外の反応をまとめました。


    【カタールW杯では公共の場での飲酒が禁止に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    d

    海外の反応をまとめました。


    【日本での代替開催は?2018年W杯開催地の変更も(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    j
    【2月19日 AFP】米誌スポーツ・イラストレイテッド(Sports Illustrated)は18日、2022年のW杯カタール大会(2022 World Cup)について、11~12月にかけての開催は「すでに確定事項」だとウェブサイト上で報じた。 カタールの猛烈な暑さを避けるため、以前から冬季開催が検討されていた2022年大会だが、同誌は複数筋からの情報として、冬季開催は確定事項だと報じた。それによれば、国際サッカー連盟(FIFA)の作業部会が次週、カタールのドーハ(Doha)で会合を開いて11~12月にかけての開催を提案した後、3月にチューリッヒ(Zurich)で行われるFIFA理事会の会合で、最終的に承認される見込みだという。
    海外の反応をまとめました。

    【(米誌報道)W杯カタール大会の11~12月開催は確定事項か?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gd
    バイエルンを率いるジョセップ・グアルディオラ監督が、2022年のワールドカップで開催国カタールを率いる可能性があるのではないかとドイツ『スポルト・ビルト』誌が報じているようだ。『ガーディアン』紙など英国の複数メディアが伝えている。(footballista)
    海外の反応をまとめました。


    【グアルディオラが2022年W杯でカタール代表を指揮か?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    eeree
    2022年に開催されるカタール・ワールドカップのスタジアム建設現場で、北朝鮮の労働者がほとんど給与を支払われることなく、従事させられていることが明らかになった。イギリス紙『ガーディアン』が報じている。  史上初めて中東で開催されるカタールW杯は、7都市全12会場で行われる。そして12カ所の会場のうち、8つのスタジアムが新設されることになっており、決勝が行われるルサイル・アイコニック・スタジアムなど4会場の建設現場に、北朝鮮からの労働者が派遣されている模様だ。(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。

    【(報酬の9割がピンハネ)カタールW杯のスタジアム建設に従事する北朝鮮の労働者たち】の続きを読む

    このページのトップヘ