カタールワールドカップ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    dd
    2017年6月にサウジアラビアなど周辺諸国との関係が悪化し、国交を断絶されたカタール。2022年のFIFAワールドカップ(W杯)開催地に決まっているが、その準備に心配の声が出ている。カタールは液化天然ガスで世界最大の輸出国。日本などにも輸出しており、その利益で豊富な資金力を持つ。その資金を使ってカタールは、中東の民主化運動ではサウジアラビアなどがテロ組織に指定する団体を支援してきたほか、サウジアラビアと対立するイランとも一定の関係を保ってきた。 こうした姿勢にサウジアラビアやエジプトが強く抗議。国交を断絶した。 開催を危ぶむ声も出ていることに対し、カタールW杯事務局の局長は「報道の詳細を把握してはいないが、2022年W杯にリスクは一切ない」と力強く答えた。以下略(CYCLE)

    海外の反応をまとめました。

    【周辺国と国交断絶のカタールにW杯開催を危ぶむ声(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    7
    2022年にカタールで開催される予定のワールドカップ。『Time』によれば、大会期間中に公共の場での飲酒は禁止されることになりそうだという。それによれば、大会期間中のドーハでは公共の場での飲酒が認められなくなるようだ。さらに、カタール側はスタジアムでのアルコール摂取も禁止しようとしているとのこと。以下略(qoly)
    海外の反応をまとめました。


    【カタールW杯では公共の場での飲酒が禁止に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    d

    海外の反応をまとめました。


    【日本での代替開催は?2018年W杯開催地の変更も(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    j
    【2月19日 AFP】米誌スポーツ・イラストレイテッド(Sports Illustrated)は18日、2022年のW杯カタール大会(2022 World Cup)について、11~12月にかけての開催は「すでに確定事項」だとウェブサイト上で報じた。 カタールの猛烈な暑さを避けるため、以前から冬季開催が検討されていた2022年大会だが、同誌は複数筋からの情報として、冬季開催は確定事項だと報じた。それによれば、国際サッカー連盟(FIFA)の作業部会が次週、カタールのドーハ(Doha)で会合を開いて11~12月にかけての開催を提案した後、3月にチューリッヒ(Zurich)で行われるFIFA理事会の会合で、最終的に承認される見込みだという。
    海外の反応をまとめました。

    【(米誌報道)W杯カタール大会の11~12月開催は確定事項か?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gd
    バイエルンを率いるジョセップ・グアルディオラ監督が、2022年のワールドカップで開催国カタールを率いる可能性があるのではないかとドイツ『スポルト・ビルト』誌が報じているようだ。『ガーディアン』紙など英国の複数メディアが伝えている。(footballista)
    海外の反応をまとめました。


    【グアルディオラが2022年W杯でカタール代表を指揮か?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    eeree
    2022年に開催されるカタール・ワールドカップのスタジアム建設現場で、北朝鮮の労働者がほとんど給与を支払われることなく、従事させられていることが明らかになった。イギリス紙『ガーディアン』が報じている。  史上初めて中東で開催されるカタールW杯は、7都市全12会場で行われる。そして12カ所の会場のうち、8つのスタジアムが新設されることになっており、決勝が行われるルサイル・アイコニック・スタジアムなど4会場の建設現場に、北朝鮮からの労働者が派遣されている模様だ。(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。

    【(報酬の9割がピンハネ)カタールW杯のスタジアム建設に従事する北朝鮮の労働者たち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    aAust ready to host World Cup if required
    来年アジアカップが開催されるオーストラリアの大会組織委員会の委員長が、カタールの開催権がはく奪された場合、オーストラリアはワールドカップを開催する準備が出来ていると語りました。

    海外の反応をまとめました。


    【開催権のはく奪が噂されるカタールW杯の代替地に豪が名乗り出る(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    rtrttt










    中国メディア・環球時報は10日、イスラム過激派組織「イラク・シリア・イスラム国」(ISIS)が国際サッカー連盟(FIFA)に対して、2022年の ワールドカップ(W杯)開催地をカタールから変更するよう警告する書簡を送りつけたとする英メディアサイトの報道を伝えた。同組織は書簡で「奇怪かつ礼儀正しく」FIFAに対する威嚇を示した。22年までにカタールが「アラブ帝国」の一部となるとしたうえで、「アラブ帝国」においてはサッカー競技がイスラム教の道義に反する事物にあたると指摘した。
    そして、FIFAに対して22年W杯の開催地の変更を要求。変更しない場合はスカッドミサイルで「あいさつ」をおこなうと脅迫した。書簡の最後は「感謝する」との一言で締めくくられた。書簡は発表後、SNSサイトなどを通じて急速に広まったという。
    (XINHUA.JP )
    海外の反応をまとめました。


    【イスラム過激派がカタールW杯を攻撃するとFIFAに警告(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    are










    サッカーワールドカップの2022年の開催地カタールへの招致を巡り、FIFA=国際サッカー連盟の当時の理事による票の買収があったのではないかという疑惑について、ソニーなどFIFAの主なスポンサーの間からは適切な対応が必要だという声が上がっています。

    この問題は、イギリスの新聞サンデー・タイムズが、カタールでの開催が決まった2022年のサッカーワールドカップの招致活動を巡り票の買収があったのではないかと今月1日、報じたものです。
    報道では、2010年に日本など5か国が立候補して行われた開催地を決める投票を巡り、カタール出身のFIFAの当時の理事が、サッカー振興などの名目で500万ドル(日本円にして5億円)以上をアフリカなどの理事やサッカー関係者に支払った疑惑があるとしています。
    さらに8日付けの記事では、この元理事がカタールの天然ガスの輸出と絡める形で投票を働きかけていたとも伝えています。
    一連の疑惑についてFIFAの主なスポンサーのソニーやアディダスなどは8日、「適切な調査を期待する」「優先して対応するべきだ」などとコメントし、スポンサーの間からも適切な対応が必要だという声が上がっています。
    カタールへの開催地決定の経緯については、FIFAの倫理委員会も、近く独自調査の結果を提出するとしていますが、新たな疑惑の報道を受けて、今後、全容の解明を求める声が強まることも予想されます。(NHK)

    海外の反応をまとめました。


    【W杯スポンサーがカタールの買収疑惑への対応をFIFAに求める(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    strtr








    FIFAのジム・ボイス副会長は、2022年ワールドカップ(W杯)のカタール招致を巡る買収疑惑を受け、開催地を選び直す可能性も否定しなかった。
    FIFA のマイケル・ガルシア調査員は、不正行為があったかを調べるため、今週にカタール組織委員会と会合する予定となっている。イギリス『BBCラジオ』とのイ ンタビューに応じたボイス副会長は「真剣に調べる必要がある」と話し、不正が発覚した場合には開催地の再投票を行う考えも示唆した。
    「もし再投票の必要性が生じても、私にとっては何も問題ではない。我々FIFA理事会はガルシアを100%支持し、彼は任務を達成するためにどのような人物とも話すことができる。その調査によって完全な情報を手にできることを願っているよ」
    イギリス『サンデー・タイムズ』は、FIFA元理事であるモハメド・ビン・ハマム氏が2022年W杯のカタール招致を巡り、買収行為を働いていたことを報じていた。(goal.com)
    海外の反応をまとめました。


    【(日本開催の可能性は?)カタールW杯に買収報道 FIFAは再投票も辞さず(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ