サッカー界のニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    kk
    アンドラ代表が11年半続いた公式戦での連敗記録をついにストップさせた。『ESPN』などが報じている。
     25日、W杯欧州予選の第5節が開催され、B組のアンドラはホームにフェロー諸島を迎えた。欧州サッカー連盟が公表している試合データによると、ポゼッション率42%、パス成功率67%と苦戦を強いられたが、相手に退場者が出たということが影響し、試合は0-0で引き分けに終わった。以下略(ウィキペディア)
    海外の反応をまとめました。

    【アンドラ代表が11年ぶりの勝ち点、連敗を58で止める(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ety
    マンチェスターユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ブンデスリーガとプレミアリーグのタイトル争いの違いについて言及しました。
    プレミアのチームはすべて経済力があり、どのクラブもタフであるとする一方で、ブンデスリーガはバイエルンの経済力が飛びぬけていることを指摘しました。
    ドルトムントのベストプレーヤーを獲得し出してから、毎年タイトルを取るようになったと述べました。


    海外の反応をまとめました。

    【モウリーニョ「ドルトムントの選手たちを獲得し出してからバイエルンはタイトルを獲り始めた」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gg
    今夏にバイエルンに加入するホッフェンハイムのCBニクラス・ジューレが、かつて名前を理由にU-16トルコ代表に招集されたことを告白しました。
    ジューレの名前(Niklas Süle)が、トルコ系っぽかった為に招集されたそうですが、ジュールはハンガリー系であるために、それを知ったトルコサッカー協会はガッカリしたそうです。


    海外の反応をまとめました。

    【名前だけで代表に招集されそうになった独DF(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    i
    レスターに所属するアルジェリア代表MFリヤド・マフレズが今夏にバルセロナへ移籍することを決意したようだ。23日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。  同紙によると、マフレズがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやブラジル代表FWネイマールとプレーするために移籍を決意したとスペインメディア『SPORT』が伝えた。しかし、マフレズは3年もの契約をレスターと残しており、この夢を実現するためにはバルセロナが3500万ポンド(約48億円)を用意しなければならないとも伝えている。
    海外の反応をまとめました。


    【レスターのマフレズが今夏にバルサに移籍へ(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1234
    オーストラリアのヴィクトリア州プレミアリーグ(2部)で耳を疑うような出来事が起きた。
     問題となったのは、3月12日のサウス・メルボルン対セント・アルバン・セインツの試合中に撮影された一枚の写真だ。そこには、ホームチームのDFクリスティアン・コンスタンティニディスが、相手MFジョセフ・モネクの尻に右手の中指を突っ込んでいる場面が収められていたのだ。
     この写真がネット上に出回り、コンスタンティニディスは3月22日にヴィクトリア州サッカー協会の審問を受けた。結果は6か月の出場停止という厳罰で、モネクに対して謝罪の手紙を書くことも命じられている。以下略(サッカーダイジェストweb)
    海外の反応をまとめました。

    【豪2部リーグで「カンチョー」により6カ月の出場停止(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ert
    ドルトムントで行われたドイツvsイングランドの試合で、イングランドのファンが歌った応援歌が問題になっています。
    「10 German bombers」という応援歌は、第二次世界大戦についての応援歌で、空にドイツの爆撃機が10機いたけど、イギリス空軍が撃ち落として、もう空にはいないという内容です。


    海外の反応をまとめました。

    【ドルトムントでイングランドのファンが歌った応援歌が問題に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title
    <国際親善試合:ドイツ1-0イングランド>◇22日◇ドルトムント  代表引退試合となったFWポドルスキ(31=ガラタサライ)が鮮やかな左足ミドルシュートで決勝ゴールを決め、ドイツがホームでイングランドを1-0で下した。以下略(日刊スポーツ)
    海外の反応をまとめました。

    【神戸移籍のポドルスキが代表を引退、観客はスタンディングオベーション(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title
    サッカーのガーナ人スター選手は今頃どんな憂き目に合っているのだろうか...。あのテレビ番組でのインタビューで、口を滑らせて、妻とガールフレンドの両方に「感謝する」と言ってしまった、あの選手のことだ。モハメド・アナス選手は、南アフリカのチーム「フリーステートスターズ」でプレーしている。彼は、3月17日のゲームで「マン・オブ・ザ・マッチ(最優秀選手)」に選ばれたが、終了後に生中継されたインタビューで口を滑らせたことによっても、その呼称にふさわしい人物になってしまった。 「はじめに、私はファンの皆さんに感謝したい」。アナス選手はこうインタビューを始めた。「そして、私の妻と、私のガールフレンドにもね」以下略huffingtonpost
    海外の反応をまとめました。


    【ガーナ人選手「妻と彼女に感謝」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title
    FIFAが審判に永久資格停止処分を科したようだ。『BBC』が伝えている。 それによれば、ガーナ人のジョゼフ・ランプティ審判が「試合操作」のために資格停止になったという。 問題とされているのは、昨年11月に行われたW杯予選の南アフリカ対セネガル戦。以下略(qoly)
    海外の反応をまとめました。


    【(リオ五輪では日本戦を担当)ガーナ人審判に「永久資格停止処分」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    i
    CAFコンフェデレーションカップ一回戦で南アフリカのプラチナムスターズ所属のGK Mbongeni Mzimelaが、PKを2本決めて、チームを勝利に導きました。

    海外の反応をまとめました。

    【南アフリカのGKが一試合で2得点(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ