サッカー界のニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ty
    【11月15日 AFP】米メディアは14日、同国サッカー連盟(USSF)が、2018年W杯ロシア大会(2018 World Cup)出場を逃したイタリアやチリ、ガーナ、オランダといった国を集め、同大会前に国際試合を主催する可能性を検討していると報じた。  この日、スポーツ専門チャンネルESPNや「スポーツ・イラストレイテッド(Sports Illustrated)」誌、ワシントン・ポスト(Washington Post)は、異なる大陸からW杯出場を逃した複数の国を集め、USSFが親善試合もしくは大会の開催を模索していると伝えた。以下略
    海外の反応をまとめました。


    【米サッカー連盟がW杯出場逃した強豪国集め大会開催か(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    u
     6日にスペイン代表の新ユニフォームが発表されたが、現地ファンの評判はあまり良くないようだ。7日付のスペイン紙『アス』が、アンケート結果を伝えている。  2018 FIFAワールドカップ ロシアでも着用される新ユニフォームは、日本代表と同じアディダス社が作成。1994年のアメリカ大会出場時のユニフォームが、デザインの基となっている。しかし、このデザインは現地で物議を醸している。  右肩から真下へと続く青色の菱型のデザインが、配色の関係で紫色に見えるというのだ。王制が現在採用されているスペインは、1930年代に左翼的な思想に基づく共和制を採用。「紫色」は当時の国旗の使用色であることから、「新ユニフォームのデザインは左翼思想を連想させる」という指摘が噴出している。以下略(Footmedia)
    海外の反応をまとめました。


    【スペイン代表の新ユニフォームが物議を醸す(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    oo
    リバプールのユルゲン・クロップ監督がこれまで指導してきた選手のなかでの“最高の選手”を答えた。英『メトロ』が伝えている。(続く)
    海外の反応をまとめました。

    【クロップ「私が今までに指導した中で最高の選手は・・・」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    f
    マルセイユのパトリス・エブラが、試合前に退場を命じられるハプニングがあった。 2日に行われたヨーロッパリーグのグループリーグ第4節でマルセイユは敵地でヴィトーリア・ギマランエスと対戦。しかし、試合前のウォームアップ中、マルセイユの選手たちはマルセイユサポーターが陣取るゴール裏に詰め寄り、一触即発の状態に。 すると、サポーターの1人がエブラを挑発。それに激高した元フランス代表DFは同サポーターにハイキックを見舞った。以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。


    【エブラが試合前に退場処分、ファンにハイキック(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gf
    サッカーに関する調査・分析を行っているCIES Football Observatoryによると、ヨーロッパにある31の1部リーグに所属する選手の平均身長は182.1㎝で、身長の高いチームと成功に相関性はないそうです。

    海外の反応をまとめました。

    【サッカー選手の身長と成功には相関性がないことが明らかに(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    d
    プレミアリーグで3位につけるトッテナム。だが、リーグカップではウェストハム相手に痛恨の逆転負けを喫した。 前半に2点をリードしたものの、後半にまさかの3失点…。 マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「2点を決めて試合は終わったと思ったが…。レアル・マドリーとリヴァプール戦の後ではモチベーションと集中力を保つのが難しかった。失望している」とこぼしていた。 スパーズにとって痛恨となった一戦で起きていた“事件”について、『Mirror』が伝えている。 それによれば、スタンドにいたスパーズファンと思われる男性が、手に持っていたプラスチック容器になんと排尿。それをウェストハムサポーターに向けて放り投げたというのだ。以下略(qoly)

    海外の反応をまとめました。

    【スパーズファンが相手ファンに尿を投げつける(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    a
    イタリアで試合中に放尿したとして出場停止処分を受けた選手がいるようだ。イギリスメディア『BBC』が19日に伝えた。  事件が起こったのはイタリア4部・セリエDのトゥリスとサルネーゼの試合。3-3でのドロー決着となった試合のアディショナルタイムに、トゥリスの選手であるジョバンニ・リベルティがアウェイサポーターの陣取るスタンドに向けて放尿したという。  これ受けてセリエDは18日、リベルティに対し5試合の出場停止処分を発表。「アウェイスタンドに向けて放尿し、猥褻で低俗な仕草をした」と理由を説明している。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。


    【イタリアで敵サポーターへ放尿した選手が5試合出場停止に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    dd
    浦和レッズがアメリカ『フォックス・スポーツ』による「最も筋金入りのファンを持つ5クラブ」に選定された。浦和以外ではリバープレート(アルゼンチン)、ガラタサライ(トルコ)、リバプール(イングランド)、バルセロナ(スペイン)が選ばれている。以下略(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。


    【浦和ファンが世界のトップ5にランクイン(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gd
    【10月11日 AFP】オーストラリア政府は、自国で開催されるサッカーの大会に出場を予定していた北朝鮮ユースチームの入国を禁止する決断を下した。核実験を続ける同国への対応が理由だという。豪テレビ局SBSが10日、報じた。  ジュリー・ビショップ(Julie Bishop)豪外相はSBSに対し、「政府は、U-19アジア選手権(AFC U-19 Championship)予選において、北朝鮮U-19代表チームのオーストラリア入国を許可しないことで決定した」と声明で述べた。 「北朝鮮チームをホストすれば、核兵器やミサイルの違法開発をする北朝鮮に強く反対する姿勢をとる政府の立場に反することになる」以下略

    海外の反応をまとめました。

    【豪がU-19北朝鮮代表の入国を拒否(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    oo
    12月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるサッカーのクラブワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選が9日、アブダビで行われた。以下略(日刊スポーツ)
    海外の反応をまとめました。


    【クラブW杯の組み合わせ決定!本田のパチューカやアジア王者の対戦相手・・・(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ