アーセナル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    7
    日本代表FW本田圭佑が所属するACミランで左ウイングを主戦場とするFWエムベイエ・ニアングが、アーセナルによる補強のターゲットになっているという。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」が報じた。  アーセナルはチリ代表FWアレクシス・サンチェスの契約延長交渉が難航している。そのため移籍市場で売却を迫られる可能性が浮上し、その後釜としてニアングをターゲットに定めた形だという。以下略(Football Zone Web)
    海外の反応をまとめました。

    【アーセナルがミランのニアン獲得に動く?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1211
    日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが、アーセナルのU-23アメリカ代表MFジェディオン・ゼラレムの獲得を狙っている。アメリカメディア『ESPN』が1月1日に報じた。  同メディアによれば、19歳のゼラレムはアーセナルでブレイクすることは難しいと予測しており、移籍を考え始めているという。代表はアメリカを選択しているが、ドイツで生まれヘルタ・ベルリンのユースでキャリアをスタートさせた同選手に、ドルトムントも興味を示しているようだ。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。

    【ドルトムントがアーセナルから19才の米MFを獲得か?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1
     サッカーのイングランド・プレミアリーグ、アーセナルへの完全移籍が決まったリオデジャネイロ五輪代表でJ1広島のFW浅野拓磨(21)が4日、広島市内で記者会見し、「世界最高峰のリーグで、どこまで通用するか楽しみ」と声を弾ませた。以下略(読売新聞)
    海外の反応をまとめました。

    【浅野のアーセナル移籍会見を見た海外ファンの反応(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    000
    アーセナルがスペイン代表FWモラタに週給144,000イギリスポンド(約1900万円)を提示すると、報道されました。
    しかし、レアルマドリードがモラタの移籍金を5700万ポンドより下げなければ、アーセナルはラカゼットの獲得に動くと報道されています。

    海外の反応をまとめました。


    【浅野を獲得したアーセナルがモラタ獲得に本気を出す(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1111

    海外の反応をまとめました。

    【浅野がこれまでの日本人選手たちの傾向を覆すことを祈るベンゲル(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1a
    日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディがアーセナル移籍に迫っているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が4日に報じている。 同紙は3日、アーセナルがヴァーディ獲得を画策していると報道。アーセナルは契約解除金2000万ポンド(約30億9000万円)を支払い、現在の週給8万ポンド(約1240万円)を上回る額での契約を準備していると報じられていた。 そして翌4日、同紙は続報を掲載。交渉が急ピッチで進展し、24時間以内にヴァーディのアーセナル移籍が成立すると報じられている。アーセナルはユーロ2016開幕前にヴァーディ獲得を実現できると確信している模様だ。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。

    【ヴァーディのアーセナル移籍がほぼ決定(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    00
    アーセナル 2-1 レスター
    海外の反応をまとめました。

    【岡崎先発もウェルベックの劇的逆転弾でアーセナルに敗れる(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    6
    [9.26 プレミアリーグ第7節 レスター・シティ2-5アーセナル]
     プレミアリーグは26日、各地で第7節をい、FW岡崎慎司の所属するレスター・シティはホームでアーセナルと対戦した。レスターはFWジェイミー・バーディが2ゴールも、FWアレクシス・サンチェスのハットトリックなどで2-5で敗戦。今季初黒星を喫した。なお、岡崎は前半のみの出場となっている。ゲキサカ
    海外の反応をまとめました。

    【岡崎がまたしても前半のみで途中交代、レスターがアーセナルに完敗(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    wr
    アーセナルがドルトムントでMF香川真司とチームメイトのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの獲得に乗り出したようだ。英紙『テレグラフ』が報じている。
     2013年7月にサンテティエンヌから1300万ユーロ(約18億円)でドルトムントに加入したオーバメヤン。昨季、リーグ戦32試合で13得点を挙げると、今季もリーグ戦33試合で16得点を挙げるなど、安定した活躍を見せている。
     新たなストライカー獲得を目指しているアーセナルは、ポルトのコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスを狙っていたが、アトレティコ・マドリーへの移籍が濃厚となり、ターゲットを変更。アーセナルはアーセン・ベンゲル監督が才能を高く評価しているオーバメヤンに対して、2870万ポンド(約56億円)を準備しているという。
     また、ドイツ紙『ビルト』によれば、ドルトムントは放出条件として移籍金を4000万ユーロ(約55億円)に設定しているようで、アーセナルの他にチェルシーやマンチェスター・シティも関心を示しているようだ。(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。

    【アーセナルがドルトムントのオーバメヤン獲得に約56億円用意?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ge
     ドイツ2部ザンクトパウリ入りが決定的となっていたFW宮市亮(22)の移籍加入が18日、同クラブから発表された。
    2018年6月までの契約で背番号は「13」。日本代表招集歴もある快足ウイングは、名門アーセナルからの完全移籍となる。日本代表復帰も見すえ、心機一転、ドクロをモチーフにした特徴的なクラブから再出発する。
     宮市はクラブの公式サイトで「このクラブにすばらしいサポーターがいることを知っている。このスタジアムに立ちうれしく思うと同時に、この芝生のピッチ の上でプレーすることが待ち切れない。昨年(2部で15位)よりいい順位に付けるよう、最善を尽くしたいと思います」などとコメントしている。(日刊スポーツ)
    海外の反応をまとめました。


    【宮市亮が独2部のザンクトパウリに完全移籍(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ