クロアチア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    3
    【モスクワ=岸名章友】サッカーの第21回ワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日、モスクワのルジニキ競技場で決勝を行い、フランスが初優勝を狙ったクロアチアを4―2で下し、1998年大会以来2度目の優勝を飾った。以下略(日本経済新聞)
    海外の反応をまとめました。


    【フランスがクロアチアに勝利し20年ぶり2回目のW杯制覇(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    12
    サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝でクロアチアがイングランドに2-1で勝利。延長戦までもつれ込む死闘を制し、初の決勝進出を決めた。話題を集めているのが延長後半4分の決勝点の直後の一幕だ。歓喜のあまり、撮影していたカメラマンが、クロアチアの選手たちの“下敷き”になってしまうアクシデントが発生。クロアチア選手が、巻き込んでしまったカメラマンにお詫びのキスをするシーンが話題を呼んでいたが、海外サイトも注目している。以下略(THE ANSWER)
    海外の反応をまとめました。


    【クロアチアの選手たちの下敷きになりながらもカメラマンが撮った一枚(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    es

    海外の反応をまとめました。


    【W杯決勝戦はフランスとクロアチアのどちらが勝つと思う?(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    s
    W杯準決勝イングランドvsクロアチアは、クロアチアが2-1で逆転勝利を収めましたが、スコットランド最大の都市グラスゴーでは、スコットランド人がクロアチアを応援するために同国のユニフォームを購入したために、同国ユニフォームが売り切れてしまったそうです。

    海外の反応をまとめました。


    【スコットランドでクロアチアのユニフォームが売り切れ(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ew
     ◆W杯ロシア大会▽準決勝 クロアチア―イングランド(11日、モスクワ)  クロアチアがイングランドを破り、史上初の決勝進出を果たした。旧ユーゴスラビアから独立後、初出場した98年フランス大会での3位が過去最高成績。欧州選手権を含めても、国際大会の決勝戦はこれが初になる。以下略(スポーツ報知)
    海外の反応をまとめました。


    【逆転勝利のクロアチアが初の決勝へ!(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    r
    クロアチア初の女性大統領コリンダ・グラバル=キタロヴィッチ氏がロシア戦後のロッカーで選手たちと勝利を喜ぶ姿が話題になっていました。

    海外の反応をまとめました。


    【選手たちと喜びを分かち合うクロアチアの美人大統領(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    wf
    国際サッカー連盟(FIFA)の懲戒委員会は6日、クロアチアサッカー協会(HNS)に7万スイスフラン(約780万円)の制裁金を科すと発表した。許可されていない飲料を摂取したためで、現地メディア『nogometplus』はDFデヤン・ロブレンがレッドブルを飲んでいる映像を指摘している。問題となったのは決勝トーナメント1回戦のクロアチア代表対デンマーク代表の一戦。試合は1-1で迎えたPK戦の末にクロアチアが勝利していた。  FIFAは1978年からコカ・コーラとのオフィシャルスポンサー契約を結んでおり、ロシアW杯では『パワーレード』というエナジードリンクが冠に掲げられている。独占契約のため、大会期間中はピッチ周辺で他社製品の飲料を摂ることは認められていないという。以下略(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。


    【クロアチアDFが試合中にレッドブル摂取…FIFAが制裁金780万円(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    te
    アルゼンチン 0-3 クロアチア
    クロアチア:レビッチ(53分)、モドリッチ(80分)、ラキティッチ(91分)

    ロシア・ワールドカップは21日、グループDの試合が行われ、アルゼンチンとクロアチアが対戦。クロアチアが勝利し、グループリーグ突破を決めた。以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。


    【アルゼンチンにグループステージ敗退の危機!クロアチアに完敗!(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1s
    EURO2016 グループD、クロアチアはトルコを1-0で下した。 値千金の決勝ゴールを決めたのは、ルーカ・モドリッチだった。 クロアチアのアンテ・チャチッチ監督も「マジカル」と評したスーパーなボレーシュートであった。この一撃に屈したトルコだが、地元ではある選手の仕草が話題になっている。以下略(qoly)
    海外の反応をまとめました。

    【(EURO)髪を気にしてシュートブロックに行かなかったトルコの選手が話題に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    r
    UEFA(欧州サッカー連盟)は現地時間23日(以下現地時間)、クロアチアホームで行なわれたEURO2016予選の試合でピッチにかぎ十字がペイントされていたとして、クロアチアに勝ち点1剥奪などの処分を下した。
     問題が起きたのは6月12日のイタリア戦。スプリトで行なわれた試合は1対1で終了したが、前半にイタリアが攻撃する陣地のピッチにナチスのシンボルで もあるかぎ十字のマークが見られた。ハーフタイムにグラウンドキーパーがマークを消そうとしたが、うまくいかなかったという。
     クロアチアメディアは、これはHNS(クロアチアサッカー協会)の首脳陣に対するファンの抗議活動だと報道。UEFAの処分を招くすることでHNSに恥をかかせる意図があったと伝えている。
     UEFAはそのほか、クロアチアホームで行なわれるEURO2016予選の直近2試合を無観客試合とし、ホームにスプリトを指定することを禁止。なお、 クロアチアホームで行なわれる同予選はブルガリアとの1試合のみ。もう1試合は次回に持ち越しとなる可能性がある。さらにHNSに10万ユーロ(約 1400万円)の支払いを命じた。以下略(ISM)
    海外の反応をまとめました。

    【ピッチ上のカギ十字でクロアチアが勝ち点を剥奪される(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ