ロシア

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gw
    SNSで10万人のフォロワーを持つロシアの美人審判が海外で話題になっていました。
    現在、モスクワの大学に通うEkaterina Kostyuninaさんは、セミプロの試合で笛を吹いています。


    海外の反応をまとめました。

    【ロシアの美人審判が海外で話題に(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hr

    海外の反応をまとめました。

    【 ロシアW杯グループCの展望(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    et
    来年6月14日に開幕するワールドカップ(W杯)ロシア大会の組み合わせ抽選会が1日、モスクワのクレムリン宮殿で行われ、6大会連続出場の日本の1次リーグの対戦相手が決まった。  日本は1次リーグH組で、同組にはFIFAランキング7位のポーランド、同13位のコロンビア、同23位のセネガルが入った。6月20日の初戦はコロンビアと対戦。同25日にセネガル、同28日にポーランドと顔を合わせる。以下略(スポニチアネックス)
    海外の反応をまとめました。


    【ロシアW杯グループH(日本・ポーランド・コロンビア・セネガル)の展望[海外の反応]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ff
    【11月22日 AFP】ロシアサッカーでは今季、極東のハバロフスク(Khabarovsk)に本拠地を置くSKAハバロフスク(SKA Khabarovsk)がプレミアリーグ(1部)に昇格した。(中略) 下院副議長で、ロシアサッカー協会(RFU)の執行役員も務める熱烈なスポーツファンのイゴール・レベデフ(Igor Lebedev)氏は、各チームが世界最大の国土の反対側まで遠征し、北極のような気候の中でプレーしなければならないのは「茶番」だと話し、「きたるSKAハバロフスク対ロコモティフの試合は、ロシアサッカー全体にとっての茶番だ。選手にとっても、ファンにとってもいいことは一つもない」と語った。  このコメントの背景には、昨季リーグ2位のCSKAモスクワ(CSKA Moscow)が18日にハバロフスクとのアウェーゲームに臨み、氷点下15度前後の寒さの中でプレーした事情がある。レベデフ氏は「ロコモティフとCSKAが、どちらもロシアを代表して欧州の舞台で戦い、数多くの代表選手を抱えていることを考えてほしい。あんな気温でピッチに出られるわけがない」と話している。以下略
    海外の反応をまとめました。


    【氷点下15度!極寒のロシアリーグ、選手2人が骨折(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ett
    モスクワで行われたロシアvs韓国の親善試合で、韓国代表DFキム・チュヨンが55分と57分に連続オウンゴール。
    韓国は4-2で敗戦。

    海外の反応をまとめました。


    【韓国代表DFが2分間で2つのオウンゴール(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    i
    【ロンドン=共同】英紙デーリー・メール日曜版は25日、サッカーの2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場したロシア代表23人全員がドーピング違反の疑いで国際サッカー連盟(FIFA)の調査を受けていると報じた。FIFAの広報担当も調査の事実を認めたという。以下略
    海外の反応をまとめました。


    【14年W杯のロシア代表全員にドーピングの疑い(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1w
    国際サッカー連盟(FIFA)が、6月にロシアで行うコンフェデレーションズ杯において、新チケットの導入を発表した。肥満者を対象とした特殊チケットが新設されている。以下略(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。

    【コンフェデ杯で肥満者専用チケット発売へ(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title
    2月17日 AFP】英BBCは16日、サッカー欧州選手権2016(UEFA Euro 2016)でファン同士の乱闘騒ぎをレポートしたドキュメンタリー番組を放送した。その中で、ロシアのフーリガンたちは来年のW杯ロシア大会(2018 World Cup)は、「暴力の祭典」になると警告した。 国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長が、カタールで開かれていた理事会で、2018年のW杯では暴動の心配はないと語った数時間後、BBCでは「ロシアのフーリガン集団(Russia's Hooligan Army)」と題された番組が放送された。その中で、W杯を開催するロストフ・アリーナ(Rostov Arena)の近くでインタビューに応じたフーリガンの一人は、サポーター同士の衝突が起きると予測し、「あるファンにとってはサッカーの祭典であり、あるやつらにとっては暴力の祭典になる」と語った。以下略
    海外の反応をまとめました。


    【ロシアのフーリガン「18年W杯は暴力の祭典になる」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    4
    かつてはJリーグでもプレーし、現在はロシアプレミアリーグのゼニトに所属するブラジル代表FWフッキ(28)がロシアで受けている人種差別について語った。英『ガーディアン』が報じている。
     フッキは2012年9月、ポルトからロシアプレミアリーグ史上最高額の5年契約でゼニトへ加入。2015年2月には、2019年6月30日まで2年間の 契約延長をしている。長きに渡りロシアでプレーするセレソンだが、スタジアムでは「ほぼ毎試合、人種差別にあっている」と明かした。
    「僕はほとんど全ての試合で人種差別を目にしているんだ。最初は怒っていたけれど、いつまでたってもこの問題は解決しない。だからそんな時にはファンへ投げキスをして、怒りを沈めてくれるようアピールする」以下略(ゲキサカ)
    海外の反応をまとめました。

    【フッキ「ロシアではほぼ全ての試合で人種差別にあう」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    e
    国際サッカー連盟の汚職事件を巡り、スイスの検察当局がブラッター会長を事情聴取する方針であるとイギリスの新聞が伝えました。
     イギリスの「サンデー・タイムズ」によりますと、スイスの検察当局は、2018年と2022年のワールドカップ招致に関する捜査の一環として、ブラッ ター会長を聴取する方針を固めたということです。スイス当局の関係者もロイター通信に対して、「現時点で予定はない」としながらも「必要であれば聴取す る」と述べています。2つの大会の開催が決まった経緯についての情報収集などが焦点になるとみられます。(テレビ朝日)
    海外の反応をまとめました。

    【スイス当局がW杯招致絡みでブラッターFIFA会長の聴取へ(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ