FIFA

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    rrs
     国際サッカー連盟(FIFA)は11日、テレビ放送で「魅力的な女性」のカットを減らすように要請しているようだ。性差別が人種差別よりも大きな問題となっていることを受け、差別禁止プログラムの見直しに乗り出した。スポーツ専門メディア『ESPN』が詳しく報じている。以下略(ゲキサカ)

    海外の反応をまとめました。


    【FIFAが美女サポーターのアップを減らすようにメディアに要請(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    fe
    【6月30日 AFP】サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)のグループH最終戦で、日本代表がフェアプレーポイントの差でセネガル代表を抑えてベスト16入りを果たし、物議を醸していることについて、国際サッカー連盟(FIFA)は29日、システムの変更は考えていないと強調した。  西野朗(Akira Nishino)監督が率いる日本は、グループリーグ計3試合でセネガルよりもイエローカードが2枚少なかったため、ベルギーとの決勝トーナメント1回戦に駒を進めた。日本とセネガルは勝ち点4で並び、得失点差と総得点数でも同数となったが、警告数の少なかった日本がグループHの2位で突破を決めた。以下略
    海外の反応をまとめました。


    【FIFAがフェアプレーポイントの正当性を主張(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    ddd
    (CNN) トランプ米大統領は28日までに、同国とカナダ、メキシコが共同招致を目指すサッカーの2026年ワールドカップ(W杯)本大会に触れ、「我々が常に支える諸国が我々の招致に反対するなら恥ずべきことだ」との考えを示した。 ツイッターに書き込んだもので、「我々に賛同しないのならなぜこれらの諸国を我々が支持しなければならないのか?(国連の場でも)」と続けた。 一方、国際サッカー連盟(FIFA)の報道担当者はトランプ氏の発言を受け、「一般的な規定に従い招致手続きにおける特定の声明にはコメントしない」との声明を発表。その上で26年大会の開催地選出におけるFIFA規定、特に行動規範の定めへの注意を促すだけだと説いた。 ロイター通信によると、これら規定の中には招致過程において適切でない影響力を及ぼそうとする活動制限などが含まれている。以下略

    海外の反応をまとめました。

    【トランプ氏がW杯招致に触れ、FIFAが釘を刺す(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    rdd
    FIFA(国際サッカー連盟)は12日、最新のFIFAランキングを発表した。 ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督を電撃解任し、西野朗体制となった日本代表は5つ順位を下げて60位に。アジアではイランの36位、オーストラリアの40位に続いて3番手につけている。なお、ロシア・ワールドカップ出場国で、日本より下の順位はサウジアラビア(70位)、韓国(61位)、ロシア(66位)のみとなっている。以下略(goal.com)
    海外の反応をまとめました。


    【(日本は60位)最新FIFAランキング(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    gt
    サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会と22年カタール大会招致の不正疑惑で、国際サッカー連盟(FIFA)は27日、14年に倫理委員会が作成した調査報告書の全文を初めて公開した。400ページ以上に及ぶ報告書には、22年大会に立候補した日本が当時のブラッター会長に約10万円相当の「屋久杉ボール」を贈ったり、ワーナー副会長や理事、夫人にデジタルカメラ、ペンダントなどをプレゼントしたと記述。調査に対し日本協会は「価値、内容は妥当で日本では一般的な値段」と説明したが、「FIFA倫理規定や招致ルール違反の可能性がある」とした。以下略(時事通信)
    海外の反応をまとめました。


    【(日本についても言及)FIFAがW杯招致めぐる不正疑惑の調査報告書を公表(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title
    FIFAが審判に永久資格停止処分を科したようだ。『BBC』が伝えている。 それによれば、ガーナ人のジョゼフ・ランプティ審判が「試合操作」のために資格停止になったという。 問題とされているのは、昨年11月に行われたW杯予選の南アフリカ対セネガル戦。以下略(qoly)
    海外の反応をまとめました。


    【(リオ五輪では日本戦を担当)ガーナ人審判に「永久資格停止処分」(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title
    FIFA(国際サッカー連盟)は9日、スイス・チューリヒで年間表彰式「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ2016」を開催し、最優秀ゴールのFIFAプスカシュ賞を発表した。2016年度のプスカシュ賞は一般投票の結果、ペナン(マレーシア・スーパーリーグ)に所属するマレーシア代表MFモハマド・ファイズ・スブリのFK弾に決まった。2016年2月16日に行われたパハン戦、スブリは左サイドからのFKで右足を一閃。無回転のシュートは左右に2度曲がり、ゴール右隅に突き刺さった。“魔球”のようなフリーキックで世界の注目を集め、投票の59.46パーセントを獲得し、アジア初となるFIFA最優秀ゴールに輝いた。以下略(サッカーキング)
    海外の反応をまとめました。

    【アジア初!マレーシア代表MFがプスカシュ賞を受賞(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    11
    エレクトロニック・アーツは、『FIFA 17』のグローバルカバーのアスリートに、ボルシア・ドルトムントのマルコ・ロイスが決定したことを明らかにした。
     4人のアンバサダー、レアル・マドリードのハメス・ロドリゲス、マンチェスター・ユナイテッドのアントニー・マルシャル、チェルシーのエデン・アザール、ボルシア・ドルトムントのマルコ・ロイスの中から、ファンによる投票によって、マルコ・ロイスが選出された。以下略(ファミ通.com)
    海外の反応をまとめました。


    【香川のアシストでロイスがFIFA17のカバーを飾る!(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1e
    ワールドカップ招致をめぐる汚職問題で高官が次々に逮捕されるなど激震の続くFIFA(国際サッカー連盟)が、世紀の凡ミスを犯してしまった。 2015年度のFIFA年間最優秀選手“バロンドール”の発表は11日、スイス・チューリッヒのFIFA本部で行われるが、6日にFIFA公式サイト上で 受賞者を発表してしまうというとんでもないアクシデントが起きた。 すでにサイトからは慌てて削除されているが、男子はアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、女子は7月の女子ワールドカップ終了後に引退を発表した元ドイツ代表FWセリア・シャシッチの受賞をそれぞれフライングで公表してしまった。以下略(サッカーマガジンゾーンウェブ編集部)
    海外の反応をまとめました。


    【FIFAが大失態!バロンドールを授賞式の5日前に発表(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    5
    【10月8日 AFP】国際サッカー連盟(FIFA)の次期会長選への出馬を表明している鄭夢準(Chung Mong-Joon、チョン・モンジュン)氏が7日、ジョセフ・ゼップ・ブラッター (Joseph Sepp Blatter)会長を「偽善者でうそつき」と批判し、同会長を「横領罪」で告訴して1億ドル(約120億円)の支払いを求める用意があることを明らかにした。 FIFAの倫理委員会から自身が処分を受ける可能性を示唆した鄭氏は、来年2月に実施されるブラッター会長の後任を決める会長選への出馬が阻止された場合、さらなる法的措置を講じることを示唆している。2011年までの17年間、FIFAの副会長を務めた鄭氏は、ブラッター会長が自身の給与を公表せず、許可なく報酬を受け取るなどの「秘密主義的」な手法を批判している。FIFAの本部があるスイス・チューリッヒ(Zurich)ですでに弁護士を雇っていることを明かした鄭氏は、「これらの理由により、ブラッター氏を横領罪で告訴する予定だ」と語った。以下略
    海外の反応をまとめました。

    【鄭夢準氏がブラッター会長に1億ドルの訴訟を示唆(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ