このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    123
    東京電力福島第1原発事故の影響で、福島県から新潟市に家族と自主避難している小学4年の男子児童が、担任の40代男性教諭から名前に「菌」を付けて呼ばれたとして、「ばい菌扱いされている」と受け止め、1週間以上学校を休んでいることが2日、分かった。
     新潟市教育委員会は同日、記者会見し、同級生からいじめも受けていたことを明らかにし、謝罪した。小学校の校長も取材に応じ「担任の不用意な発言で児童がいじめに苦しむ事態となった。申し訳ない」と述べた。
     市教委や学校によると、男子児童は6月、「(同級生から)ばい菌扱いされている」などと担任に相談。11月17日にも、他の児童からボールを投げつけられたり「近くを通るな」というそぶりをされたりすると再度、担任に打ち明けた。担任は、いじめた同級生数人に「嫌がるようなことはするな」などと指導した。22日には、担任がこの児童に連絡帳を渡す際「○○キンさん」と呼んだ。以下略(スポニチ)
    海外の反応をまとめました。

    【福島から避難した男子児童に担任が「菌」発言(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1233

    海外の反応をまとめました。

    【日本の教員たちは刺又という道具を使う訓練を受けている(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ