このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    jh
    【ニューヨーク共同】河野太郎外相は21日午後(日本時間22日未明)、中国の王毅外相と米ニューヨークの国連本部で会談した。核・ミサイル開発を強行する北朝鮮への対応を巡り、河野氏は「従来にない新たな段階の圧力をかけていく必要がある」と強調した。王氏は「圧力とともに対話も重要だ」と述べ、温度差が浮き彫りとなった。以下略
    海外の反応をまとめました。


    【中国外相が日本に北との対話を放棄しないように呼びかける(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    hhh
    足運びの邪魔にならない 高いところで足を高く上げたり膝を曲げたりして作業することが多い鳶職では、足がズボンに引っ掛かってスムーズに動かないことがあるのは致命的です。ニッカポッカは十分な余裕があるために足を動かしやすく、これがこのズボンをはく最も大きな理由です。
    危険を回避するためのセンサー 鉄骨の上などを歩くとき、足元に出っ張りなどの障害物があるとダボダボ部分が先に触れて危険を察知できるというのもよくいわれる理由の一つです。いわばあのダボダボが猫のヒゲのようなセンサー的役割を担っているわけです。
    高所でのバランサー 高いところを歩くときにバランスを取るのにも、ダボダボ部分が役に立ちます。ムササビの皮膜にも似ているようにも見えませんか。慣れると逆に、ダボダボのないズボンで高所に上がるのは怖いと感じるようになるようです。
    風の強さを測る目安 あのダボダボは風の影響を受けるのではとも思ってしまうかもしれませんが、それは正しい推測です。実際に高所で作業をする鳶職人にとって風は大敵です。そのため逆に、ダボダボが風でなびき始めると危険を察知して作業を休むようにしたり、地上にいる作業員も遠くから高所の風の強さを確認できたりするといった利点があります。(あっと現場)
    海外の反応をまとめました。


    【外国人が疑問に思った日本のとび職人が履くズボンの謎(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ