このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    132
    東京六大学野球の立大が11日、埼玉・新座市内の同大で始動した。
     日本球界では珍しい両投げ両打ちの赤塚瑞樹投手(新2年)は「今春リーグ戦登板」を目標に掲げた。昨年、麗沢瑞浪(岐阜)から立大に進学。1年時こそリーグ戦登板はなかったが2軍にあたるBチームで腕を磨き、リーグ戦登板のチャンスを伺う。「両投げでやってこれたのも理解してくれた今までの指導者のおかげ。神宮で投げる姿を見せて恩返ししたい」と話す。以下略(スポニチ)
    海外の反応をまとめました。

    【日本の大学野球に両投げ両打ちの選手がいるらしい(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    no title
    教育・学習支援業の留学情報館(本社・東京)は5日、都内で「トランプ米大統領の入国制限令で米留学はどうなる?」と題したセミナーを開催した。  米留学希望者の事前アンケートで、「入国審査や留学ビザ取得が難しくなる」と不安を訴える声が多かったという。同社代表取締役の大塚庸平氏(39)は「日本人の留学ビザ取得については、これまでと変わらないか、むしろ取りやすくなる可能性もある」と指摘した。以下略(日刊スポーツ)
    海外の反応をまとめました。

    【アメリカ留学を目指す日本の若者たちに拡がる不安(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ