このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    qiissd
    新型万能細胞「STAP細胞」を作ったと発表した小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダーらの論文について、理化学研究所は17日、外部の研究 者から「データに疑義がある」との指摘を受け、理研や外部の専門家による調査を始めたことを明らかにした。理研は「研究成果そのものについては揺るぎない ものと考えている」としている。

     論文は、マウスの細胞を弱酸性の溶液に入れて刺激を与えると、体のあらゆる細胞に分化できる万能性を持つ STAP細胞を作ったという内容で、1月30日付の英科学誌「ネイチャー」に掲載された。しかし、発表後、理研に対し外部の研究者から、「使われたデータ に疑義があるのではないか」との指摘が寄せられたという。

     理研は論文の関係者らにも13~14日に聞き取り調査を行っており、調査結果がまとまり次第公表する。

    (msn産経ニュース)
    海外の反応をまとめました。



    【STAP細胞画像データに不自然な点 外部の指摘により理研が調査へ(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    safffa

    キャプテン・スーパーマーケット』(原題:Army of Darkness)は、1993年のアメリカのスプラッター・ホラー映画。『死霊のはらわたII』の続編であり、DVDなどでは『死霊のはらわたIII/キャプテン・スーパーマーケット』という邦題を使う場合もある。

    前2作よりコメディ要素が強くなっている。

    前作で中世にタイムスリップしたアッシュ(ブルース・キャンベル)は、元の世界に戻るべく『ネクロノミコン』を探し出す。しかし、いつものように失敗。アーサー王(マーカス・ギルバート)とともに蘇った死霊軍団を相手に戦う。(ウィキペディア)


    海外の反応をまとめました。


    【米ホラー映画の日本版ポスターが海外で話題に(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ