2016年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    12121
    フィギュアスケートの世界選手権は30日、ボストンで開幕し、2季ぶりの優勝を目指す羽生結弦(ANA)が男子ショートプログラム(SP)で自身の世界歴代最高記録に0・39点差と迫る110・56点で首位に立った。中略
    この日、午前の公式練習で他選手に進路を妨害され、気持ちを乱した。「(試合前の)心の状態がグチャグチャだった」。大きな大会に緊張は付き物だ が、この日の緊張は今まで経験したことがない種類のものだったという。演技前の6分間練習も納得いくものではなかった。「それを踏まえて大きな舞台で(演 技を)まとめられたことがうれしい」と話す。 昨年2位だった五輪王者は、今回はいい練習をしたので1位になれると思って臨んだという。チャン、フェルナンデスを尊敬しているからこそ、「(この試合で)1番になりたい」と話した。(日本経済新聞)
    海外の反応をまとめました。


    【(世界フィギュアSP)羽生が練習を妨害され激怒も圧巻の110点越え(海外の反応)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    12111
    【3月29日 AFP】米国で近く、スマートフォンの形をした拳銃が発売される。銃弾を2発装填(そうてん)可能で、ポケットに入れられる薄さだという。発売元である米ミネソタ(Minnesota)州のアイディール・コンシール(Ideal Conceal)社によれば、銃は2連式の38口径で、価格は395ドル(約4万4800円)。今年半ばに販売を開始する予定だ。同社ウェブサイト上の説明には、「見た目はスマートフォンにそっくりで、1回の動作で安全装置が外れ、発砲が可能」「スマートフォンはどこにでもあるため、日常に簡単に溶け込む」「ロックをかけた状態だと目立たないので、見つかることはまずない」と書かれている。以下略
    海外の反応をまとめました。

    【銃大国アメリカで議論!スマホ型の拳銃が発売へ(海外の反応)】の続きを読む

    このページのトップヘ