rrerer








海外の反応をまとめました。






元スレ



・早食い(8分で33のホットドッグを食べれる。95年のニューヨーク早食い選手権ジュニア部門チャンピョン。)


・↑少なくともランチに時間をかけるタイプじゃないな。


・前職:配管工 離職理由:配管出来ないから


・↑妥当な理由だ。





・雇用主ではないが、採用の選考過程に関わったことがある。
リムジンの横に立つ男のレターサイズの写真だけを送ってきた奴がいた。
説明書きはなかった。


・↑彼を非難するな。リムジンに乗っているんだから、良い人に決まっている。


・趣味特技の欄
「テーブルを揺らして地震を発生させる」


・「腕立て伏せを連続で75回出来る。」
ITに鍛え上げられた上半身は不可欠だからね。
その男は採用されたよ。



・↑面接でそいつに連続75回腕立て伏せをさせたんだよな?


・スキルの欄に暗算と書いた男がいた。面接で、そのことについて尋ねると、とても困惑していた。本当に暗算が得意か尋ねると、彼はまるで電車を見る牛のような顔をして、「母が勝手に書きました。」と言った。
不採用にした。


・「その驚異的なスタミナでイギリストップクラスの登山家と称賛される男」、と書かれた履歴書を手渡されたことがある。





・最近、職場に履歴書が送られてきて、上司がその内容について俺に聞いてきた。
「ディアブロ2のレベル99のキャラクター。ランキング26位」
そいつにとっては自慢だろうが、上司はまるで見当がつかなかった。
採用されたかは不明。


・↑とても感銘を受けた。


・↑それは偉業だよ。そいつはバーに行って、女たちに自慢するべきだ。


・マネジメント経験に「ダンジョンマスター」と書いた女性がいた。
彼女にとって幸いだったのは、おれはそれをリーダーシップとみなしたことだ。



・面接で、履歴書に書かれた修士について質問した。そいつは「まだ修士は取得していません。いつの日か取得します。」って返事した。
言うまでもなく、採用しなかった。


・趣味の欄 「英語を話すこと」





・以前、小売店を経営していた。履歴書が送られてくることは、ほとんどなかった。あったとしても、ひどい内容だった。
一度、5ページにも及ぶ履歴書が送られてきた。
彼女はピザ屋で働いた経験があり、ピザの作り方を履歴書に載せていた。すごい面白かったよ。まだコピーがあったら良かったのに。


・応募者が経験した交通事故を詳細に載せている履歴書が送られてきた。図表までついていた。すぐに採用却下の箱に入れられた。


・↑そいつが持つ障害か何かを説明するため?履歴書に載せる意味が分からない。


・「論理プログラミング・基本的なソフトウェアの開発・熊とのレスリング経験があり、C++も得意。
ほとんどこれが理由で採用した。


・↑熊に襲われたら、お前後悔するんじゃないか?





follow us in feedly