22

海外の反応をまとめました。







・甲子園に行くたびに、各チームがそれぞれのパラレルワールドでプレーしているように感じる。
そして負けるたびに、彼らのパラレルワールドは破壊される。
あんなに頑張る子供たちを見たことないよ。


・負けた後に尊敬の念を見せたり、謙虚になることは悪いことじゃない。
彼らを尊敬するよ。






・これは辱めじゃない。
恥なんだ。こういう礼の仕方はインチキをしたときにふさわしい。


・↑もしくは5-17で負けた時とかね。
それか故郷で応援してくれている人たちへのデモンストレーションかもしれない。


・甲子園は多くの日本人にとってとても重要なイベントだ。
アメリカでいう全米大学体育協会男子バスケットボールトーナメントみたいなものだ。
各県で一番強いチームが参加する。
多くのプロ野球選手は、甲子園で名声を得る。
ちっとも恥じゃない。彼らはあの場所に立つことを誇りに思う。


・この行為にどんな意味が込められているかは多くの議論がされている。
これは土下座で、土に頭をつけることで謝罪を表していると言う人もいる。
謝罪する相手に対して、自分を恥じる行為だ。
一方で、あってはならないことだが監督が彼らにさせたという主張もある。
また、スポーツに精通している人々は、これは座礼と呼ばれるものだと主張する。
個人的には選手がそうしたかったんだと思うけど。監督がさせたのかな?
みんなの意見を教えてよ。


・↑これが座礼とはとても信じれられない。
こういう行動でポジティブなだったものを思い出すことが出来ない。
監督が彼らにこういう行動をさせたんだと思う。
野球は彼らにとって重要だし、監督は陸軍学校のように指導する。
この子供たちは礼儀正しく、努力家だ。
彼らは監督や自分自身からとてつもないプレッシャーを感じるんだ。





・彼らが甲子園でプレーできたことへの感謝から土下座しているとは思えない。


・強要された謝罪は、謝罪ではない。
監督からの罰に過ぎない。


・↑じゃあアメリカで監督が選手に、対戦相手と握手して「良い試合だった。」と言うように指示することは意味がないってことなのか?


・監督がこういう行動をしろって言ったと仮定しよう。
でもそれって悪いことだろうか?
俺がリトルリーグで野球をやっていたころのことを思い出すと、監督は野球の指導者以上の存在だった。
人生を指導してくれた。


・もしベストを尽くしたのなら、謝ることは何もない。
でも、もしそうでないならば・・・。


・俺はJリーグのチームが、降格したことでファンに謝罪しているのを見たことがあるぞ。


・とても日本的だ。胸が痛む。カッコいいけど。


・これは謝罪じゃないってば。
甲子園でプレーできたことへの感謝を示している。
グラウンド、対戦相手、観衆に感謝しているんだ。

reddit.com/r/japan/comments/1k2usr/sakurai_high_school_baseball_team_lost_a_game_517/

follow us in feedly