as
ウィキペディア記事 スティーブ・ジョブズ 病気との闘い

2003年、膵臓癌と診断されたが、幸いにも治療可能な症例(進行が穏やかである神経内分泌腫瘍と明かしている)であった。家族はじめ周囲はジョブズにすぐに手術をうけるように忠告したがジョブズはこれを頑なに拒否し、絶対菜食、ハリ治療、ハーブ療法、心霊治療などをネットで探し、民間療法などを用いて完治を図ろうとしていたといわれる。医学的治療は遅れ、そのことから9か月後の検査で癌が大きくなっていることがわかり(この判断を当人は後に相当後悔したという)、ついに観念してごく親しい人以外には秘密にして、同年の8月に摘出手術を受け療養後復帰した。
(ウィキペディア)

海外の反応をまとめました。




・彼は死ぬ間際に、間違いを認めて、適切な治療を受けなかったことを後悔したよ。


・俺に友人は中国人の医者に、手の施しようがないと言われた。
西洋医学の医者の元に駆け込むと、白血病であることがわかった。
化学療法の末、彼はこの10年間健康でいる。
別に何か言いたいわけではない。
ただみんなとシェアしたかった。






・CBSでのインタビューで、IDEOの設立者デビッド・ケリーが自身が喉のガンと診断されたときのエピソードを語っていた。
ガンで死にかけていた友人であるジョブズが、「他の選択肢は考えるな。西洋医学の治療を受けろ。ハーブ療法などは試すな。」と忠告したそうだ。


・ アシュトン・カッチャーは、ジョブズの役を演じる為に、彼の食事療法をためしていた。
そのために、入院する羽目になった。


・ジョブズはビーガン(絶対菜食主義者)ではないよ。
彼は果実食主義者だった。


・一日一個リンゴを食べていたんだろうか?


・俺はアップルの元従業員だったが、全従業員が彼から彼の後悔を説明するメールを受け取った。
彼は自分の体に、他人が手を加えることが嫌だったらしい。
それが仏教の思想なのかどうかは知らないが。
だから病気と闘う為に、他の選択肢を選んだ。
彼は計画が上手く行かなかったことを認めた。
手術を受けた時はもう手遅れだったらしい。
このメールはリークされたから、興味のある人は探せば見つけることが出来るよ。


・↑手術を拒否することや他人に触られることを拒否することは、仏教の思想ではないよ。





・誰が適切な治療を拒否して、胡散臭い治療を受けた結果、墓に入ることになるなんて思う?


・今日、ジョブズがニューエイジ馬鹿だったことを知った。


・選択的な医療のことを何て言うか知っているか?
医療だ。


・身内がすい臓がんで2人死んでいる。
彼のすい臓がんは、治療可能だったのに死んだことに対して怒りを感じる。


・↑私の友人の旦那も治療可能な種類を患って、適切な治療を受けた。
それでも亡くなったよ。





・彼の人生であって、我々の物ではない。
自由意志こそが普遍的な法だ。


http://goo.gl/FDX5NC

ジョブズ「盗みやがったな」ゲイツ「俺たちは両方ともゼロックスから盗んだんだろ」(海外の反応)

follow us in feedly