poiaa
プーチン大統領 領土交渉前進に意欲

ロシアのプーチン大統領は訪問先のインドネシアで、「日本との平和条約締結に向けて作業をする条件ができつつある」と述べ、領土交渉を前進させることに意欲を示しました。

ロシアのプーチン大統領は8日、インドネシアのバリ島でAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議に出席したあと、会見しました。
プーチン大統領は7日、安倍総理大臣と、ことし4回目となる首脳会談を行い、これについてロシア側の記者が質問したところ、「日ロ両国は間違いなく良好な関係にある」と述べ、エネルギーを中心に多くの分野で経済協力が進んでいると評価しました。
そのうえで「平和条約締結に向けて、ただ夢みるだけでなく、現実的な計画に基づいて作業をする条件ができつつある」と述べ、北方領土問題の解決に向けた交渉を前進させることに意欲を示しました。
そして「平和条約の締結に近づくためには、互いに敵視するのではなく、友人として見ることが必要で、日本となら必ずできる」と述べました。
7日に61歳の誕生日を迎えたプーチン大統領は、安倍総理大臣から贈られたという日本酒をモスクワへ持ち帰ると述べるなど良好な関係をアピールしていました。

(NHK)

海外の反応をまとめました。





・第二次大戦後もまだ戦争状態なのか?


・↑俺が知る限り、まだ戦争状態だ。
ウィキペディア日露関係史


・正式には平和条約を締結していないからな。






・どうやって解決するのだろうか?
何十年も議論されている北方領土について議論するのだろう。
お互いが所有権を主張して、どちらの言い分も説得力がある。
両方が引き下がるとは思えない。


・ロシアが日本と中国と平和条約を結んだら、世界が大きく変わるな。


・↑中国とは既に結んでいるだろ。


・ロシアには、日本の福島問題解決を手助けするだけの信用・金・労働力がある。


・↑日本にだってそれらは揃っている。
ただ恐ろしく上手く使われていないだけだ。





・「平和条約の締結に近づくためには、互いに敵視するのではなく、友人として見ることが必要で、日本となら必ずできる」

↑なんて奴だ。
ソビエトは、大戦終了後にサハリンと北方四島を奪った。
アメリカが沖縄を奪って返還しないようなものだぞ。
奴は日本とロシアが友達になれると思っているのか?
ロシアの欲は、国を崩壊に導くだろう。


・↑ソ連とロシアは別物だ。
ソ連の行為に対してロシアを責めることは出来ない。
まるで現代のイタリアに、ローマ帝国時代の行為の責任を取れと言うようなものだ。


・↑ロシア連邦は、ソ連の正式な後継だ。
だからソ連の行為に関して、当然責任がある。
だからソ連への借金はロシアに払われるし、北方領土もロシアに引き継がれた。
国連の常任理事国の権利もソ連からロシアに引き継がれた。
そうでなければ、ロシアは盗んだ島を返還して、常任理事国を退くべきだ。
しかもイタリアはローマ帝国を引き継いでいない。


・アメリカもテキサスをメキシコに返還するべきかな?





・中国は、快く思わないだろうな。


・↑何故だ?


・↑日本とロシアが仲良くなることは、中国包囲網が進むということだ。


http://goo.gl/CNWvSE

follow us in feedly