Amazon、ドローンでの配送サービス「Prime Air」構想を発表

商品配送時間短縮に注力するAmazon.comが、小型無人飛行機での配送サービス「Prime Air」を早ければ2015年にスタートすると発表した。

 米Amazon.comは12月1日(現地時間)、小型無人飛行機(一般にドローンと呼ばれる)での配送サービス「Amazon Prime Air」を発表した。早ければ2015年にスタートする計画だ。

実際に商用サービスとして稼働させるにはまだ数年掛かるとしつつも、技術的には可能になっており、米連邦航空局(FAA)の認可を待っているという。FAAはこの7月、無人機(UAV)の商用利用を認可しており、連邦捜査局(FBI)は捜査にUAVを利用している。

 Prime Airの目標は、顧客が注文した商品を30分以内に届けること。同社はこれまでも、商品配送短縮のためにさまざまな取り組みを行っている。例えば、昨年3月に買収したロボットメーカーKiva Systemsのロボットを複数の物流センターに導入しており、この11月には米郵政公社との提携で日曜配送サービスを開始した。

 同サービスの料金や配送可能地域、重量やサイズの制限などはまだ明らかになっていない。

 Amazonが公式YouTubeチャンネルで公開した動画を見ると、商品を入れた専用ボックスがドローンにセットされてから顧客の家の前にそれを置いて戻るまでがすべて自動で行われている。

(ITメディア)


海外の反応をまとめました。





・もしこれが本物なら、俺は1度に20アイテム注文して、軍の無人機で届けてくるか確かめたいと思う。


・屋根にスピーカーを置いて、無人機が到着したら、ワルキューレの騎行を流せ。
近所の住民は、ブッたまげるぞ。





・無人機が着陸している間は、外に出て来ない様子が気に入った。


・↑チップを払いたくなかったんだろ。


・↑ロボットとしては、ふざけるなと言いたい。
バッテリーは自腹だぞ。
少なくともチップは払ってくれよ。
家には小さいマイコンボードが2人もいるんだから。


・箱はどうやって返せばいいんだ?


・↑自分の無人機で返すんだよ。


・俺はアマゾンの配送センターで働いている。
順調な日でも棚からトラックに積むまでに2時間かかる。
ウェブサイトで注文してから30分で届くとしているが、高望みはしない。







・ああ、みんな30分で配達されると思っているよな。
でもそうやって宣伝しているから無理もないよ。
でも箱に詰めるのは人間がやっているからな。
それにこれを利用できるのは、無人機で運べるほどの小さい商品に限られてくる。
それでも注文した日に届くのは、良いことだけどね。


・↑もう既に当時の配達のサービスはやっているけどね。


・ショットガンを持って屋根で座って待つことにするよ。
タダでたくさん商品を貰おうと思う。



・↑配送業者のトラックに向かって同じことをすればいいじゃないか。
どちらにせよ、刑務所に行くことになるけどね。


・配送センターから無人機が30分以内に飛べる場所に住んでいない人がたくさんいることを忘れてはならない。





・まるでハンガーゲームでプレゼントを貰うシーンみたいだな。


・このオレンジの箱をタダで貰えることに一番興奮しているんだけど、俺って変かな?


・UFOの目撃情報が多数寄せられるだろうね。


・ピザ屋がこれをするのが待ちきれないよ。


・↑もうすでに30分以内に配達しているだろ。


・↑でも空から配達はしてないじゃないか!


http://goo.gl/EXcd9a

follow us in feedly