oiad

「オリコン2013年年間“本”ランキング」が発表された。

 
このランキングは、2012年11月19日~2013年11月17日を集計期間とした、日本で唯一の全国推定売上部数付き 書籍ランキング。調査協力店舗は、旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、いまじん・白揚、紀伊國屋書店、くまざわ書店、コミックとらのあな、 三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、ネオ・ウィング、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、未来屋書 店、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、リブロ、WonderGOOほか、全国1941店。

 

オタク関連では、「ONE PIECE」の新刊である第69巻(314.7万部)~第72巻(235.4万部)がコミック部門のトップ4を独占。5位は「進撃の巨人」の第9巻 (195.0万部)で、既刊全巻が15位までを埋め尽くした。そのほかの同部門トップ20位入りは、「NARUTO-ナルト-」 「HUNTER×HUNTER」「君に届け」のみ。シリーズ別に見ても、1815.1万部の「ONE PIECE」と1593.4万部の「進撃の巨人」が突出しており、以下、「黒子のバスケ」(876.1万部)、「マギ」(715.1万部)、 「NARUTO-ナルト-」(555.3万部)となっている。ちなみに、「進撃の巨人」は昨年のシリーズ総売上(268.3万部)から約6倍増という驚異 的なアニメ放送効果が見られる。

(アキバ総研)


海外の反応をまとめました。






RANK





・進撃の巨人ばっかりだね。


・↑ONE PIECE帝国も相変わらずだよ。


・何でみんなが進撃の巨人が好きなのか理解できない。
みんなが好きなだから、私も読まなきゃいけない気がしている。


・↑全く同じように感じる。


・↑個人の好みの問題だろ。
人気があっても、好みの問題で耐えることの出来ないことなんてたくさんある。


・↑俺は半数のキャラクターが巨人に変身できるようになるまでは、好きだったよ。
今は退屈。


・↑同じく。
巨人が至る所で生まれるようになってから、興味をなくした。


・↑言うまでもなく、アニメ化されてから、作者は話の展開のスピードを鈍化させたよね。


・↑好きなマンガだけど、過大評価されていると思う。


・↑アニメは凄く良いと思う。
アニメの第一シーズンを見始めてから、漫画を読むようになった。
でもすぐに止めたよ。
個人的な意見では、絵が良くないと思う。
アニメは見るべきだだよ、素晴らしい。






・ベルセルクが年に1巻でも2巻でも発売されれば、1位になると思うんだけど。


・↑ベルセルクの内容を考えると、その可能性はないと思う。
少年漫画が売れるのは、多くの人に受け入れられるからだ。


・↑暴力的な漫画だから、読者の規模はワンピースと同じくらいのはずがない。


・富樫になれたら素晴らしいだろうな。
好きな時にだけ働けば、何百万部も売れるんだから。


・黒子のバスケが載っていてよかった。
最近、自分がスポーツ漫画のファンだということに気付いた。
今では大好きな漫画の一つだ。


・今年はONE PIECEのトップが危うかったね。
連続1位の記録が破られるのではないかと思ってしまった。
4巻発売されたことに対して、進撃の巨人は11巻くらい発売されたから。


・ブリーチがトップ3から、はるかに離れていて・・・幸せな気分だ。
以前はワンピース・ナルト・ブリーチが売り上げトップ3の漫画だと思っていたけれど、日本でのブリーチ人気がなくなってきてから、私は読むのを止めてしまった。


・↑俺はナルトとワンピースが発売されるまでの時間をやり過ごすために、ブリーチを読む。





・黒子のバスケが3位になるほど、人気があるとは知らなかったな。


・テラフォーマーズは売れているんだね。
俺は好きだけど、なんでこんなに人気があるんだ?


・マギがNarutoよりも売れていて、暗殺教室がブリーチより売れているだ。


・新しい単行本が出ていないのに、Hunter×Hunterはまだ売れているんだ。
アニメのおかげだろうね。


http://goo.gl/ZjRdOA http://goo.gl/FrdVuv http://goo.gl/je2Dlc

follow us in feedly