isdds

 中国検索最大手「百度(バイドゥ)」製の日本語入力ソフトについて、使用するとパソコンに入力した全ての文字情報が同社のサーバーに送信されることが分かり、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)や文部科学省は、中央省庁や大学、研究機関など約140機関に使用停止を呼びかけた。

 読売新聞の調査では外務省のほか、東京大など少なくとも12大学の一部パソコンで導入されていることが判明。NISCは「重要情報漏えいの可能性は否定できない」としている。

 問題となっているソフトは「バイドゥIME」。2009年に公開された無料ソフトで、昨年1月のバイドゥ社日本法人の発表によると日本国内で約200万人が利用している。

 今月中旬、IT企業の調査で、初期設定のまま使用すると、パソコン上で打ち込んだメールや検索の単語、文書編集ソフトで作成した文書など、全ての 文字列が自動的に同社のサーバーに送信されていることが判明。各パソコンからサーバーに情報を集め、変換精度を向上させる「クラウド変換」を行うためとみ られるが、利用規約などで説明はない。

( 読売新聞)
海外の反応をまとめました。







・記事を読んでいない人のために。
このプログラムはユーザーが入力した言葉をすべてバイドゥに送っていた。
ワードで入力した文字がマイクロソフトに送られてしまうようなものだ。
これは明らかにセキュリティ上の大きなリスクだ。
どこの国から来たプログラムであろうとね。


・↑近頃では、もしワードが同じようなことをしていても、驚きではないけれどね。


・↑Wiresharkを使っている人たちが気付くだろうし、不愉快な騒ぎになるぞ。


・↑マイクロソフトがファイルの名前や、たまに特定のファイルなどの情報を収集していることが発見されている。
俺の知る限り、Windows Defenderを使った署名ファイルは、すべて収集している。
外部に流出しようとする情報が傍受されることもあるが、暗号化されている。
そういった場合、Windowsがマイクロソフトに何を送ろうとしていたかは分からない。


・個人情報について気付かせてくれたスノーデンに感謝しないとな。
アメリカのサーバーに繋がっているNSAの協力者であるiPhoneやグーグルを使うことを止めるか?


・記事がアンインストールしたときに起きることに言及していないのは残念。
調べてみな。






・マジかよ。これは大事件だぞ。
バイドゥを俺に勧めてきた人を大勢知っている。
俺はウィンドウズに固執したけれども。
彼らに悪いニュースを知らせないとな。


・↑つまりお前はbaiduではなく、NSAに情報を送っていたんだな。
代わりにgo・・・クソ!



・中国人の友達が、俺のPCに人気のあるソフトウェアをインストールするとき、俺はすぐにウイルススキャンを行う。
そして数多くのマルウェアやルートキットを発見する。
最近発展したばかりの国だから、多くの中国人は、あまりテクノロジーに精通していない。


・↑悲しいことだよな。
中国の大きなネット企業は、ICQ・グーグル・eBayから技術を盗んで設立された。


・盗んだり騙したりすることは、中国企業の美徳だからな。


・注意書き:もし自分のPCにタイピングするために、入力システムが必要なら、そのPCは石器時代の物で単純にガラクタだ。


・誰もこんなガラクタをインストールするべきじゃない。
言うまでもなく、政府機関もだ。






http://goo.gl/uzOAHX http://goo.gl/mFVC1L

follow us in feedly