モハメド・アリ・ラシュワン(Mohamed Ali Rashwan、アラビア語: محمد علي رشوان‎ 1956年1月16日- )はエジプトの柔道家。1984年に行われたロサンゼルスオリンピックの男子無差別級決勝で山下泰裕と対戦し銀メダルを獲得した。

決勝では山下が負傷していた右足を攻めなかったことが話題となり、1984年の国際フェアプレー賞を受賞した。後日山下は、ラシュワンが「ケガした右足を気遣って、全く右の技をかけなかったというのは事実ではない」と語っている。

その後、1985年の世界柔道選手権大会無差別級で銀メダル、1987年の世界柔道選手権100kg超級でも銀メダルを獲得した。

国際柔道審判員として北京オリンピックにも参加した。

(ウィキペディア)

海外の反応をまとめました。




・スポーツマンシップというのは、どのスポーツでもベストを尽くした時に称えられるべきだと思うが。


・↑それは君の個人的なスポーツマンシップの定義だ。
ベストを尽くすべきというのは、同意する。
ただし、それはフェアプレーの元でなされるべきだ。
相手選手に大きなハンデがあることを知りながら、ベストを尽くすのはスポーツマンシップではないと思う。


・このエジプト人が対戦相手のケガが理由で、競り合うことが出来なかったのは残念だ。
オリンピックの準備のために、とても一生懸命頑張っただろうに。


・↑彼は競い合えたじゃないか。
相手選手のケガに対して、このように反応したに過ぎない。
別に彼に義務があったわけではない。


・↑それが1のポイントなんじゃないかな。
道徳心のせいで、競り合うことが出来なかった。


・単に相手選手が負けて、その後に「ケガをしている足を責めるなんてフェアじゃないだろ?」って言い出したように思える。
動画を見ると、山下のケガをしている足を攻撃しているように見える。
アナウンサーもそれを指摘しているぞ。


・↑ああ、そうだな。
柔道については何も知らないが、試合を捨てたようには見えない。






・ラシュワンは0:29秒で山下のケガをしている足を攻撃しているぞ。


・0:28~0:30をよく見てみろ。
ラシュワンは、攻撃することを拒んだと証言して、そのことに対してメダルを獲得しているが、ビデオでは逆のことが示されている。
ラシュワンはケガをしている足を攻撃したのに、どうして勝てなかったんだ?
山下の前の試合の対戦相手(フランスのコロンボ)は、山下のケガをしている足を攻撃してたぞ。
それでも山下は勝った。
この男にとっては大きな問題ではなかったのだろう。


・山下が怪我をしていたのは右足だ。
0:28秒に攻撃しているのは左足。
0:05秒を見ると、山下はまともに歩くことすらままならない様子だった。


・ラシュワンはケガをしている方の足を攻撃することを拒んだ。
フェアプレーではないと思ったからだ。
彼は全日本柔道連盟からモラルの高さを称えられているよ。


・もしラシュワンの戦術が始めから山下の怪我をしている足を狙い続けることだったら、勝っていたと思う。
とっさに怪我をしている方の足を狙ってしまったのは、普段のトレーニングのせいだ。
もしスポーツをしたことのある人なら、考える間もなく体が動いてしまう瞬間があることを知っているはずだ。
彼を称えた全日本柔道連盟よりも、自分の方が詳しいと思う奴らがいたら、どうか釣り続けてくれ。

山下氏と名勝負繰り広げたラシュワン氏ら殿堂入り

 全日本柔道連盟は20日、国際柔道連盟(IJF)殿堂メンバーとして、1984年ロサンゼルス五輪無差別級決勝で、 優勝した山下泰裕氏と名勝負を繰り広げたモハメド・ラシュワン氏(エジプト)ら16人の外国受賞者を発表した。ラシュワン氏は、山下氏の痛めた右足をあえ て攻めず、スポーツマン精神が高く評価された。

(サンスポ) 2013.8.20





・ヒーローになるために、金メダルは必要ない。
いいぞ!ラシュワン!


・日本の文化を少し知っているが、もし相手に情けをかけられたと知ったら、とても屈辱に感じると思う。


http://goo.gl/50UcjH http://goo.gl/EOpiJF

follow us in feedly