oisdf

殺人1000件下回る 戦後初 11年連続で刑法犯減少 警察庁

昨年1年間の刑法犯認知件数は前年比6万1373件(4・4%)減の132万748件で、11年連続で減少したことが9日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。殺人(未遂、予備容疑を含む)は91件(8・8%)減の939件で、戦後初めて千件を下回った。

 窃盗犯は5万4138件(5・2%)減の98万6309件で、100万件を切るのは昭和48年以来、40年ぶり。

 一方、振り込め詐欺が2869件増えた影響で詐欺は3648件(10・5%)の増加。凶悪犯では殺人のほか、強盗が9・0%減ったが、強姦(ごうかん)が13・7%、放火が5・7%増えた。

 警察庁の担当者は「ボランティアによる夜間警戒の増加など、官民挙げた防犯活動が効果を上げた。だが、引き続き子供や女性、高齢者が被害者となる犯罪対策に力を入れていきたい」と話している。

 刑法犯の摘発件数は9・9%減の39万4169件、摘発人数は8・5%減の26万2554人。摘発率は29・8%(1・9ポイント減)で、平成17年以来8年ぶりに30%を割った。

 全国のほとんどで認知件数が減少したが、山形、神奈川、滋賀、大阪、奈良の5府県では増加した。(msn産経)

海外の反応をまとめました。




・よくやった、日本。
とても低い殺人件数だ。
誇りに思っても良いことだと思う。


・キラ.....。


・939件ってアメリカの一か月当たりの殺人件数よりも低いじゃないか。
2012年は月平均12,500人の殺人件数だった。


・俺はむしろこれほど多いことに驚いてしまった。
年間100件以下かと思っていたよ。


・先日目にしたベネズエラに比べると、本当に安全な国だよな。
※殺人件数は日本の50倍


・日本の殺人件数のピークは、1954年で3081件だった。
当時の人口は、88,239,000人くらいだった。


・去年の自殺率は、過去最高だった。
いまいましい数字だったよ。
これは良いニュースだね。


・故郷のプエルトリコの暗殺件数よりも少ない。
日本よりもはるかに小さい島なのに(恐らく2,3県を合わせた程度だ)。
それなのに、よく何で地球の裏側に住んでいるのか尋ねられる。


・日本に再び引っ越すことが待ち遠しいよ。






・良いニュースだね。
でももし日本の殺人件数はいくらくらいって尋ねられたら、年間20件くらいって答えてしまうだろう。
それくらい安全に感じる。


・どの国にとっても恥ずかしくない数字だね。
でも日本の検死率が世界一低いことを忘れてはならない。
(死亡者の11%)
発見されていない殺人はどれくらいあると思う?
低い検死率は、殺人をけしかける。


・↑老人ホームで死んだ老人に検死が必要か?
この国の老人の割合が恐ろしく高いことを考えると、低い検死率も不思議ではない。
それと国民皆保険制度のおかげで、ほとんどの人は病院でなくなる。
つまり検死は必要ない。





・自宅で亡くなった人は、法的に検死を避けることは出来ない。
義理の父が自宅で亡くなった時に、彼の遺体はすぐに警察に運ばれた。
変な感覚だったよ。


・ニュージーランドの殺人件数は78件で、1件だけ解決した。
人口は450万人だから、殺人率は同じくらい。


・↑2013年は知らないけど、2012年の香港の殺人件数は22件だった。
人口は710万人だから、殺人率はずっと低いよ。


http://goo.gl/qeD4Bi

follow us in feedly