sdd

ジャパニーズ・パラドックス

1965年(昭和40年)には、日本人成人男性の喫煙率は82.3%と他国よりも圧倒的に喫煙者が多かったにもかかわらず、2011年(平成23年)現在では老人と呼ばれる人々が長寿でいる。しかも日本は世界一の長寿国であると、2011年(平成23年)5月13日、世界保健機関(WHO)の「2011年版世界保健統計」で発表している。これを「ジャパニーズ・パラドックス」と呼ぶ。「喫煙が寿命に関わる唯一の要因である」という命題は、「喫煙率が高い」ことと「寿命が短い」こととの間に必ずしも関係性があるとはいえないことから「偽」であり、パラドックスが生じている。この命題は、世界各国と日本との比較であり、日本人同士では、喫煙する日本人の寿命は喫煙しない日本人の寿命より短い。(ウィキペディア)

海外の反応をまとめました。






・「日本の煙草に含まれる発がん性物質の少なさと、先天的に喫煙による発がん現象への抵抗力が高いことが、ジャパニーズスモーキングパラドックスの主要因となっている。」
↑つまり彼らのタバコには発がん性物質の少なくて、元々肺ガンに強いんだ。


・↑誰も知らなかったよ。


・↑知られていることだよ。


・じゃあ、みんな日本の煙草を吸えばいい。


・↑それと日本人の遺伝子を持てば良い。


・↑日本人になれば良い。


・↑つまり・・・日本人を食べれば良いということか・・・?


↑話が飛躍しすぎだ。


・↑もしくは煙草を吸わなければ良い。


・↑何百万人に提案されたことだよな。


・どうしてすべての煙草の発がん性物質を少なくしないんだ?


・↑アメリカ人は、もっとお金が欲しいんだよ。


・日本にはチャコールフィルターがあるしな。






・俺は日本に住んでいるけれども、知っている喫煙者のほぼ全員が弱めの煙草を吸っているぞ。


・日本人と繁殖しなければ。


・↑どうぞ、彼らは繁殖にも抵抗力ある。


・↑あの日本の人口減のすごさ。


・明らかに彼らも煙草を吸えば吸うほど、彼らもガンになって早く死ぬということだろ。


・彼らの方が背が低いから、頭が床に近くて煙も薄いんだろ。


・↑そうかな。
アジア人は煙草を吸うときに、しゃがみこむだろ。
ソース:アジア人と働いていた。





・彼らは煙草の煙を肺まで吸い込んでないのでは?


・↑口腔ガン。


・緑茶のおかげ。


・日本の平均寿命はとても高いからな。
彼らのライフスタイルが原因だろう。
日本人は活動的で、新鮮な食べ物を食べる。
彼らの免疫システムの方が、ガン細胞を上手く制御しているのではないだろうか。
俺はガンになる率の高い国は、加工食品をたくさん消費していると賭けても良い。


http://goo.gl/fYww0Q

follow us in feedly